育児休業(休暇)給付金

2016/08/19

出産前に要チェック!育児休業給付金を受けられる条件

この記事の監修/執筆

イクシル編集部

出産前に要チェック!育児休業給付金を受けられる条件

ほとんどの方が出産後は育児休業をとることになると思います。この間に利用したい便利な制度が、育児休業給付金です。育児休業給付金はどのような条件を満たせば支給されるのでしょうか。育児休業給付金の支給条件についてわかりやすく解説いたします。

育児休業中の生活をサポートする育児休業給付金

出産後も仕事を続ける方の多くが育児休業を取得すると思います。この間は収入が途切れてしまいます(厚生年金保険料や健康保険料の支払いは免除)。育児休業給付金を利用することで、育児休業中も一定の収入を得ることができます。

雇用保険に加入していることが支給条件

育児休業給付金を受け取る条件は、雇用保険に加入している方が育児休業を取得してその後も働き続けることです。具体的には、休業開始前2年間に賃金支払基礎日数11日以上の完全月が12カ月以上ある方が対象になります。以上に加え、育児休業前の月給の8割以上の給料が育児休業中に支払われていないこと、育児休業中の就業日数が月10日(10日を超える場合は月80時間)以下であることなどが条件になります。育児休業前の月給の8割を超えない給料が支給されている場合は、育児休業給付金と給料の合計が育児休業前の月給の8割を超えないように調整されます。

契約社員やパートなど有期契約労働者の条件

契約社員や派遣労働者、パートタイマーなどの有期契約労働者も、条件に当てはまれば育児休業給付金を受け取ることができます。具体的には「同じ事業者に1年以上雇用されている」「子どもの1歳の誕生日以降も雇用の継続が見込める」「子どもの2歳の誕生日の前々日までに労働契約が満了して契約が更新されないことが明らかでない」場合に育児休業が取得でき、育児休業給付金が支給されます。実際に利用できるかどうかは契約内容などを確認する必要があるので、育児休業給付金を受け取りたい有期契約労働者は勤務先に確認するとよいでしょう。

まとめ
雇用保険の加入者が育児休業を取得して休業後も働き続ける場合、育児休業給付金が支給されます。ただし、条件によっては該当する方でも受け取れないことがあるので、休業中に支給される給与について確認しておくことが大切です。有期契約労働者も条件を満たせば、育児休業給付金を受け取れます。しかし、条件が複雑なので、担当者とともに契約内容などを確認したほうが良いでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加