育児休業(休暇)給付金

2016/08/19

間違える前に確認!育児休業給付金支給申請書の記入例

この記事の監修/執筆

イクシル編集部

間違える前に確認!育児休業給付金支給申請書の記入例

出産後も仕事を続けたい方は、育児休業給付金の手続きを行うことになると思います。手続きにあたり必要になるのが、育児休業給付金支給申請書です。ここでは、記入例が確認できる場所と間違えてはいけないポイントを紹介します。

育児休業給付金って誰がもらえるの?

育児休業給付金は、出産後も仕事を続ける方に給付金を支給して育児休業を取りやすくするための制度です。対象は、雇用保険の加入者で1歳までの子ども(パパ・ママ育休プラスを利用するときは1歳2カ月、保育園が見つからないときなどは1歳6カ月まで)を養育するために育児休業を取得し、育児休業取得中の賃金が取得前の賃金に比べ8割未満であることなどの条件を満たす方が対象です。

育児休業給付金の申請方法

育児休業給付金の申請は、事業主から「休業開始時賃金月額証明書」と「育児休業給付受給資格確認票・(初回)育児休業給付金支給申請書」をもらい、育児休業取得1カ月前までに事業主に提出します。提出を受けた事業主は、これらの書類に出勤簿、賃金台帳などを添付してハローワークに申請します。このときに、「育児休業給付受給資格確認票・(初回)育児休業給付金支給申請書」を提出して育児休業給付金の初回申請を併せて行います。受給資格が認められた場合は、2カ月に1回のペースで事業主に支給申請書を提出することで、育児休業給付金が受け取れます。

基本的には、事業者が育児休業給付金の申請を行いますが、勤務先の都合によっては自分で行うこともあります。その場合、勤務先を管轄しているハローワークで「休業開始時賃金月額証明書」と「育児休業給付受給資格確認票・(初回)育児休業給付金支給申請書」を受け取り、必要事項を記入してから会社で承諾をもらい、ハローワークに提出することで申請できます。出勤簿、賃金台帳が必要になるので、ハローワークで添付書類が何か確認しておくとスムーズに申請が行えます。初回の支給申請の期限は「育児休業開始から4カ月を経過する日の属する月の末日まで」です(2回目以降は定められた期間)。自分で行う場合は、期限を過ぎないように注意しましょう。

育児休業給付金支給申請書の記入例

自分で育児休業給付金支給申請書の記入方法ですが、それほど難しいものではありません。初回の申請で重要なポイントは、被保険者証に記載されている保険者番号、事業所番号を間違えずに記入することです。この他には、支給対象期間の初日と末日を記入する「支給単位期間」、支給単位期間中に支払われた賃金を記載する「支払われた賃金額」などを正しく記入しましょう。2回目以降の申請は、より簡単になります。ハローワークに行けば見本になる記入例が置かれているので、担当者と相談しながら記入すると間違いありません。

まとめ
育児休業給付金の申請は、基本的には事業者側が行います。勤務先の都合で自分で行うときは、ハローワークで育児休業給付金支給申請書を受け取り、記入例を参考に間違えないように記入しましょう。わからない点は担当職員に確認すると教えてくれます。申請の期限は育児休業開始から4カ月です。忘れずに行いましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加