育児休業(休暇)給付金

2016/08/19

どこに申請すればよい?育児休業給付金の申請方法

この記事の監修/執筆

イクシル編集部

どこに申請すればよい?育児休業給付金の申請方法

育児休業給付金の申請はどのように行えばよいのでしょうか。複雑な手続きなのか、必要な書類は何を揃えればいいのかなど、ここでは、申請の方法をわかりやすく解説しています。申請手続きを行うにあたりお困りの方は、確認してみてください。

支給対象は育児休業を取る人

育児休業給付金は、出産後も仕事を続ける方が1歳未満の子ども(パパママ育休プラス取得時は1歳2カ月、保育園に入所できない場合などは1歳六カ月)の育児で仕事を休業したときに、給付金を支給する制度です。以下の方が支給の対象になります。

・雇用保険に加入している。
・育児休業をとる前の2年間で1カ月に11日以上勤務した月が12カ月以上ある。
・育児休業中に休業前の8割以上の給料をもらっていない。
・休業する日数が毎月20日以上。
・育児休業終了後も仕事を続ける予定。

申請は雇用している事業主が行う

育児休業給付金の申請は、事業主から「育児休業給付受給資格確認票・(初回)育児休業給付支給申請書」と「休業開始時賃金月額証明書」をもらい育児休業取得1カ月前までに事業主に提出します。事業主は管轄のハローワークに同書類を提出することで、申請します。これにより受給資格の確認手続きと育児休業給付金の初回支給申請手続きを、まとめて行うことができます。申請に当たっては、出勤簿、賃金台帳のほか母子健康手帳などが必要になるので、事業主に必要書類の提出が必要です。

受給資格を認められた場合は、育児休業給付金支給決定通知書と次回分の育児休業給付金支給申請書が交付されます。以後、事業主経由で2カ月に1回のペースで支給申請することで育児休業給付金の支給を受けることができます。育児休業給付金の申請をしたい方は、勤務先の担当者に相談するところから始められます。

自分で行う場合はハローワークに申請

やむを得ない理由で事業主が申請を行えない場合は、自分で申請することになります。自分で行う場合は、事業所を管轄しているハローワークで「育児休業給付受給資格確認票・(初回)育児休業給付金支給申請書」と「休業開始時賃金月額証明書」を受け取り、必要項目を記載してから事業主の承諾を受け、ハローワークに提出することで申請できます。申請に当たっては出勤簿や賃金台帳などが必要になります。ハローワークで必要になる添付書類を確認しておくと申請をスムーズに行えます。わからない点はハローワークで確認できるので、申請書類を受け取るときに確認しておくとよいでしょう。

まとめ
出産後も仕事を続ける予定で育児休業を取得する方は、育児休業給付金を受け取れる可能性があります。申請は事業主が行うので、育児休業を取得する方は担当者に相談するとよいでしょう。事業主が行えない場合は、自分でハローワークに申請します。申請書類を受け取るときに詳しい内容を聞いておくと、スムーズに手続きを進められます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加