育児休業(休暇)給付金

2016/08/19

いつ振り込まれる?知っておきたい育児休業給付金の支給日

この記事の監修/執筆

イクシル編集部

いつ振り込まれる?知っておきたい育児休業給付金の支給日

出産すればすぐに育児休業給付金が支給されると思われがちですが、実際はそうではありません。では、育児休業給付金が支給されるタイミングはいつなのでしょうか。ここでは、具体的な支給日について解説しています。

育児休業給付金の支給額

雇用保険に加入していて出産後も仕事を続ける予定の方は、育児休業給付金を受け取ることができます。支給額は次の計算式で求められます。

・休業開始時賃金日額×支給日数×67%(※育児休業開始から6カ月経過後は50%)

月給20万円の場合、最初の6カ月は休業1カ月あたり13.4万円、残りの期間は休業1カ月当たり10万円が支給されることになります。ただし、支給額には上限が設けられています。支給率67%の期間は1カ月当たり286,023円、支給率50%の期間は1カ月当たり213,450円が上限です。また、育児休業給付金が支払われる期間中に、休業前の月給の80%を超える賃金が支払われたときは育児休業給付金が支給されません。

育児休業給付金の初回支給日

出産日の翌日から8週間は、産後休業期間なので育児休業給付金の支給対象期間ではありません(男性の場合は産後休業期間がないので出産当日から支給対象期間になります)。つまり、育児休業給付金の対象期間は産後2カ月から始まります。2カ月分をまとめて支給するので、初回の支給日は出産から4カ月以降になります。勤務先の申請手続きが遅れると支給日も遅れます。このようなケースでは初回の支給日が育児休業開始から3カ月(出産から5カ月)以降になることもあります。2回目以降の支払いは2カ月分ごとまとめて申請を行うことで受けられます。申請しなければ育児休業給付金を受け取ることができないので、忘れずに行いましょう。

支給日は支払い決定後1週間

上記のペースで育児休業給付金が支払われます。では、具体的な支給日はいつなのでしょうか。ハローワークによると、育児休業給付金は支給決定後約1週間で、希望する金融機関の口座に支給されるそうです。毎月15日など日にちが決まっているわけではないので、正確な支給日を知りたい方は勤務先や管轄のハローワークに問い合わせるとよいでしょう。

まとめ
出産後すぐに支払われるイメージの育児休業給付金ですが、産後休業期間があるため初回の支給日は出産日から4カ月以降になります。以降、2カ月ごとに申請することで2カ月分がまとめて支給されます。具体的な支給日は、支給決定後約1週間です。詳しい支給日を知りたい方は勤務先やハローワークに確認しましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加