出産費用

2016/08/23

平均はいくら?先輩ママの出産費用

この記事の監修/執筆

イクシル編集部

平均はいくら?先輩ママの出産費用

妊娠したことはうれしいものの、出産費用にいくら必要なのかわからずに不安をかかえているかもしれません。出産にはどのくらいの費用が必要なのでしょうか。先輩ママが払った平均金額を紹介します。

出産費用はどれくらい必要?

出産費用の平均は、40万円程度といわれています。出産は病気ではないので、健康保険は適用されません。そのため、出産にあたっては40万円程度のまとまった費用が必要になります。本人か夫(親)が健康保険、国民健康保険、共済組合のいずれかに加入していて、保険料を滞納していなければ、42万円(双子の場合は84万円)の出産育児一時金が支給されます。出産費用と出産一時金の差額が、出産に必要な自己負担額になります。

自己負担額は数万円が平均

自己負担額の平均は数万円程度といわれています。ただし、利用する産院により窓口で負担する自己負担額には大きく差が出ます。健康保険などから出産育児一時金を医療機関に支払う直接支払制度を導入している産院を利用した場合、窓口で数万円程度負担するだけで出産できます。直接支払制度を導入していない産院を利用した場合、窓口で出産費用を全額自己負担したのち、健康保険などに申請して出産育児一時金を受け取ることになります。どちらも自己負担額は同じですが、窓口で支払う自己負担額に大きな差があります。出産する方は、産院が直接支払制度を導入しているか確認したほうが良いでしょう。最近では、多くの病院が直接支払制度を導入しています。

出産費用は多様化している

以上のことから、出産費用は40万円程度、自己負担額は数万円が平均なようです。ここで注意したいポイントは、出産費用が多様化していることです。最近では、妊婦の様々なニーズに応えるため、ハイグレードなサービスを提供する産院が増えています。このような産院で出産した場合、出産費用が割高になります。どのような産院で出産しても、出産一時金は42万円(産院医療補償制度に加入していない産院は39万円)です。出産費用が気になる方は、サービスと費用のバランスも考えて産院を選びましょう。

まとめ

出産費用の平均は40万円程度です。健康保険などに加入していれば出産育児一時金が支給されるので、数万円程度の自己負担額で出産できます。費用が心配な方は、出産前に産院で相談してみましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加