育児休業(休暇)給付金

2016/08/19

いくらもらえる?育児休業給付金の算出方法と上限・下限

この記事の監修/執筆

イクシル編集部

いくらもらえる?育児休業給付金の算出方法と上限・下限

育休に入る前に手続きを済ませておきたいのが、育休中の生活を支援してくれる「育児休業給付金」です。ここでは、育児休業給付金の概要や支給額の算出方法を紹介します。上限や下限もあるため、自分がどのくらいもらえるかチェックしてみましょう。

働くママは要チェック!育児休業給付金の基本

働くママの増加によって育休を取得できる企業が増えていますが、その間は給与が出ないという人が多いのではないでしょうか。育児休業給付金は、子育てのために休業する人の生活を支援する給付金制度です。

育児休業給付金は1歳に満たない子供がいる雇用保険の加入者が対象で、育休に入る前の2年間のうち11日以上働いた月が12カ月以上あることが基本的な条件です。その他、育休中に給与が発生する場合は休業前の給与の8割以上支払われていないこと、育休中に働く日数が10日以下であることが主な要件となります。自分が育児休業給付金の給付対象かどうかは、勤務先で確認することができるため、担当部署に早めに相談しておきましょう。

育児休業給付金の支給額を算出してみよう

育児休業給付金は、育休がスタートしてから180日目までは休業前の給与の67%、181日目以降は50%という割合で支給されます。

育児休業給付金の支給額を算出するベースは、育休前の給与の日額です。育休に入る前の給与6カ月分を180で割ると算出できます。そして、日額に30を掛けると月額が算出できます。育児休業給付金は基本的に月単位で計算されますが、育休が月の途中で終了する場合は日額ベースで算出します。

正確な日額は、勤務先が提出する「休業開始時賃金月額証明書(票)」によって算出できますが、大体の目安を自分でも算出してみましょう。給与の計算には基本給だけでなく、残業手当や通勤手当といった各種手当も含まれます。

育児休業給付金には上限や下限がある

気をつけたいのは、育児休業給付金には上限がある点です。育児休業給付金の1カ月あたりの上限は286,023円なので、給与額が高くても67%分もらえるわけではありません。ちなみに支給額には下限もあり、1カ月単位で46,431円となっています。

なお、給付金の支給期間中でも給与が支払われる会社もあります。休業中の給与が休業前の給与月額と比べて13%以下(休業開始から180日間)、または30%以下(休業開始181日目以降)であれば、通常の規定に則して給付金が支給されます。それ以外は以下のようになります。

① 休業前の給与月額に対して13%(休業開始から180日間)または30%(休業開始180日経過後)を超えて80%未満→休業前の給与月額の 80%相当額と休業中の会社から支払われる給与の差額が支給されます。
② 休業前の給与月額の80%以上支払われる→給付金は支給されません。

例えば、休業前の給与月額が30万円、給付金の支給期間中に10万円の給与が発生する場合は①に該当します。30万円の80%相当額である24万円から10万円を引いた14万円が給付金の支給額となります。

<まとめ>
育児休業給付金は、1歳に満たない子どもがいる人が育休に入った後の生活をサポートしてくれる心強い給付金制度です。雇用保険に加入していていくつかの要件を満たせば、育休がスタートして最初の180日間は休業前の給与の67%、それ以降は50%に相当する金額が支給されます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加