育児休業(休暇)給付金

2016/08/19

いつもらえる?育児休業給付金の対象期間と支給時期

この記事の監修/執筆

イクシル編集部

いつもらえる?育児休業給付金の対象期間と支給時期

雇用保険の一種である育児休業給付金は、育休を取得する人を経済的にサポートする制度です。ここでは、育児休業給付金の給付期間がいつからいつまでなのか、実際に支給されるのはいつなのか具体的に説明していきます。

育休中の生活を支援する育児休業給付金

勤務先で雇用保険に加入していて、一定の要件を満たしていれば「育児休業給付金」という生活支援制度からお金を支給してもらえます。 支給額は2段階に分かれていて、休業前の給与の67%分をもらえるのが育休に入ってから180日間で、それ以降は50%分もらえる仕組みです。上限はありますが、人によっては総額300万円以上もらえるケースもあります。

子どもが1歳になるまでの育休中が対象期間

では、育児休業給付金はいつからいつまでが給付の対象期間なのでしょうか。厚生労働省では、育児給料給付金について「1歳に満たない子を養育するために育児休業をした場合」に適用される制度としているため、基本的には支給期間は育休に入ってから子供が1歳の誕生日を迎える前までの育児休業期間中ということになります。この期間内であれば、育休を取得するのがたった1日であっても要件を満たせば支給してもらえます。

なお、保育所など子どもを預ける施設に入れないなど特別な事情がある場合は、最長1歳6カ月まで支給期間を延長することができます。

要注意!支給されるタイミングは少し遅い

育児休業給付金がいつ支給されるかという点も、気になるところではないでしょうか。育児休業給付金は育休を取る人にとって経済的にとても助かる制度ですが、実際に支給されるまでには少し期間を置くことになります。給付金が支給されるのは2カ月に1度です。育休は8週間の産休が終わってからスタートするため、出産してから4カ月経ってから初めて支給されるのです。ただし、育児休業給付金の申請手続きは、通常は勤務先が本人の代わりに行うことになるため、手続きのタイミングによってはもっと後になるというケースもあります。

<まとめ>
育児休業給付金は、育休中に会社から給与が発生しない場合でも、一定の要件を満たせば給付金を支給してもらえる雇用保険の制度です。例外はありますが、子どもが1歳を迎えるまでの育休中が対象期間となっています。なお、実際に給付金が支給されるのは、育休に入ってから2カ月後とブランクがあり、申請手続きを行う会社のタイミングによってはさらに間が空いてしまうこともあるため注意しましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加