育児休業(休暇)給付金

2016/08/19

育休中の家計を助ける!育児休業給付金とは?

この記事の監修/執筆

イクシル編集部

育休中の家計を助ける!育児休業給付金とは?

育休中は給与が発生しない会社が多いのが実態です。育児休業給付金とは、育休を取得する人達の生活をサポートする給付金制度です。概要や条件をチェックして、積極的に活用しましょう。

いくらもらえる?育児休業給付金とは

仕事をしている人が赤ちゃんを授かると、基本的に赤ちゃんが1歳になるまで育児休業(育休)を取ることができます。しかし、育休中は会社から給与が出ないケースが多いため、そのサポートとして「育児休業給付金」という制度があります。育児休業給付金制度とは、一定の要件を満たせば育休中に国からお金が支給される公的な給付金制度のことです。要件をクリアすれば、正社員だけでなく契約社員やパートでも給付金を受け取ることができるため、育休を予定している人はチェックしておきましょう。

育児休業給付金は、育児休業に入ってから180日目までは休業前の給与の67%、181日目以降は50%に相当するお金が支給されます。以前は休業前の賃金の全ての期間を通して50%でしたが、平成26年4月1日以降に支給率が引き上げられました。

チェックしよう!育児休業給付金の条件

育児休業給付金をもらうために確認すべき、主な要件を以下に挙げます。
① 雇用保険に加入していること
② 育児休業に入る前の2年間に、11日以上勤務実績のある月が12カ月以上あること。
③ 育児休業中に、会社から休業前の月給の8割以上をもらっていないこと。
④ 1カ月ごとの就業日数が月10日以下であること。

これらの条件を満たせば、育児休業期間が1日であっても給付金を受け取れます。なお、育休がスタートした時点で同じ事業主に1年以上雇用されている実績があり、かつ子どもが1歳を迎えた後も継続して雇用される見込みがあることが条件のため、期間が限られた雇用形態の人は注意しましょう。

育児休業給付金の給付対象となるかどうかは、勤務先で確認できます。育休取得を申し出る期限は、育休に入る日の1カ月前までと定められているため、妊娠したら上司にも早めに相談しておくことをお勧めします。

<まとめ>
育児休業給付金は、1年間の育休中の生活をサポートしてくれる公的な給付制度です。雇用保険に加入していて一定の勤務実績があり、育休中に給与が制限されるなどの要件を満たせば支給されます。勤務先には早めに申し出て要件をクリアしているか確認し、育児休業給付金の取得を申請しておきましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加