出産と保険

2016/08/19

出産後、保険証はいつもらう?申請前に知っておきたいこと

この記事の監修/執筆

イクシル編集部

出産後、保険証はいつもらう?申請前に知っておきたいこと

赤ちゃんの健康保険証は医療費の助成を受ける際に、必要書類として求められることもあるため、できるだけ早く入手することをお勧めします。今回は、出産後の健康保険の加入申請について解説します。

出産したらいつまでに保険証を作ればいいの?

出産し、赤ちゃんが生まれたら健康保険に加入しましょう。健康保険の加入申請は赤ちゃんに何か起こった際にできるだけ早いほうが好ましいですが、出生した時点で加入できる権利があるため、申請日にかかわらず、権利発生日までさかのぼって使用することができます。

ただし、赤ちゃんの医療費を助成してもらえる乳児医療費助成制度の申請には保険証が必要になるため、原則1カ月検診前までに申請し保険証を受け取っておくと良いといわれています。

申請は誰がどこにするの?

赤ちゃんは被扶養者として健康保険に加入することになります。そのため、お父さん、もしくはお母さんが入っている健康保険に加入します。被保険者が申請することになっているため、お母さんが既にお父さんの保険に加入している場合はお父さんが申請します。

両親がどちらも働いており、それぞれ被保険者の場合は、どちらの扶養に入れるかによって加入する保険を決めます。扶養というのは、養っているということですから、家計をやりくりしているお金がどちらの収入から成り立っているものなのか、どちらの収入がメインになっているのかを確認してください。

加入している健康保険組合の中には、被扶養者の認定基準が厳しく定められていることがあるため、両親の意向がそのまま反映されない場合もあります。申請は余裕をもって行いましょう。
申請先は加入している健康保険によって異なります。勤務先の健康保険へ加入している場合は、職場を通して協会組合に申請するため、勤務先の担当者に子どもを被扶養者にしたい旨を伝えましょう。国民健康保険の場合は、自身の加入時と同様、お住いの市区町村の役所で申請してください。

保険証を作るときに必要な書類は?

健康保険の申請に必要な書類は、加入している健康保険によって異なります。勤務先の健康保険へ加入している場合は、申請書を受け取り、必要事項を記入、押印するだけで申請ができることもあるようです。

国民健康保険に加入する場合は以下の書類が必要になります。

◆届出人の印鑑
◆出生届出済証明が記入されている母子手帳
◆被保険者の健康保険証
◆出生届のコピー

勤務先の健康保険に加入するときもこれらの書類の提出を求められる場合があります。事前に確認し、スムーズに申請しましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加