出産費用

2016/08/23

事前に理解しておきたい!出産費用の相場

この記事の監修/執筆

イクシル編集部

事前に理解しておきたい!出産費用の相場

出産するうえで、不安を感じやすいポイントが出産費用かもしれません。高額といわれることが多いので心配している方が多いと思われます。出産費用の相場はいくらくらいなのでしょうか。詳しく解説いたします。

出産費用の相場は40万円程度

妊娠したことはうれしいものの、出産費用を考えると不安になる方が多いのではないでしょうか。出産にはお金がかかるといわれるので気になりますよね。

先輩ママたちが支払った出産費用の相場は40万円程度といわれています。残念ながら、健康保険は適用されません。しかし、本人や夫などが健康保険や国民保険などに加入しており、保険料を滞納していなければ、42万円の出産育児一時金が支給されます。つまり、自己負担する出産費用は、実費と出産育児一時金の差額になるのです。

自己負担額の相場は数万円程度といわれています。直接支払制度(健康保険などから医療機関に出産育児一時金が直接支払われる制度)を導入している産院であれば、退院するときに窓口で実費と出産育児一時金の差額を支払うだけで出産することができます。直接支払制度を導入していない産院で出産した場合は、窓口で全額自己負担したのち、健康保険などに申請することで出産育児一時金の支給を受けられます。出産するときは、産院が直接支払制度を導入しているか確認するとよいでしょう。

双子の場合はどうなる

双子を出産した場合の費用はどうなるのでしょうか。双子の場合も、1人当たり42万円の出産育児一時金が支給されるので出産費用の相場は変わりません。帝王切開など健康保険が適用される医療行為を受けた場合も、出産育児一時金は支給されるので出産費用という面では負担額に差は生じません。同じく、流産や死産の場合も、妊娠4カ月目以降であれば出産育児一時金が支給されます。多少の差はありますが、出産育児一時金が支給される場合、出産費用そのものの相場に大きな差はないと考えてよいでしょう。

出産までに妊婦健診費用も必要

出産費用と併せて考えたいのが妊婦健診費用です。出産費用と同じく健康保険が適用されないのでそれなりの負担になります。妊婦健診費用の相場は1回あたり3000円~5000円程度といわれています。平均すると、15、6回程度の妊婦健診を受けることが多いので、5,6万円程度の負担になります。実際は、妊婦健診に付随する検査なども必要になるので、10万円程度かかるといわれています。人によっては、出産費用以上に自己負担額が高くなるので、妊婦健診費用にも気を付けましょう。最近では、妊娠・出産にかかる負担を減らすため、多くの自治体が助成制度を設けています。妊娠が分かった時点で確認するとよいかもしれません。

まとめ

出産費用の相場は40万円程度ですが、健康保険などに加入している方は出産育児一時金が支給されるので数万円程度の自己負担額で出産できます。予想より安いと思うかもしれませんが、出産まで10万円程度の妊婦健診費用が必要といわれています。妊娠した方は、トータルでかかる費用を改めて計算しましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加