出産費用

2016/08/23

いくらかかる?分娩や入院以外にもかかる出産費用

この記事の監修/執筆

イクシル編集部

いくらかかる?分娩や入院以外にもかかる出産費用

出産費用というのは、分娩や入院だけではなく、妊婦検診や里帰り出産にかかる帰省のための交通費なども含みます。出産に備えて計画的に貯蓄するためにも、予め確認しておきましょう。ここでは、出産費用はどれぐらいかかるのか解説いたします。

妊婦健診のための費用がかかる

妊婦検診は、母体と胎児の健康状態や妊娠の進行などを診るための診療ですので、定期的に受けることになります。妊婦健診は保険適応外で、1回につき3,000~20,000円以上と幅広いため具体的にかかる費用を算出することは難しいです。また、自治体によっては妊婦検診で使用できる補助券を配布してもらえますので、予想よりも出産費用を抑えられることもあります。補助券の枚数については自治体により異なりますので、事前に問い合わせておくことをおすすめします。

また、体調の悪化やおりものの異常など妊娠に関することで診察を受ければ、その度に診察費がかかります。

分娩および入院にかかる費用

出産の際にいくら必要なのか、確認しておきましょう。自然分娩の場合は健康保険適応外となり、400,000~750,000円と医療機関によって差がみられます。また、無痛分娩は自然分娩の費用に10,000~200,000円が加算されます。帝王切開は健康保険が適応され、500,000~750,000円かかることが一般的です。

出産後は医療機関の指示に従い、指定の日数だけ入院することになります。自然分娩で5日間、帝王切開は7日間というように、帝王切開の方が長く入院しなければなりません。更に、合併症などにより入院が長引けば、それだけ多くの入院費用が必要になります。

しかし、高額療養費制度や出産一時金など補助制度を活用することで、実際にかかる出産費用を抑えることができます。

出産するまで使用するマタニティ用品

妊娠することでお腹が大きくなるため、普段着とは別にマタニティ服を購入することになるかもしれません。体型が変化するため、サイズ違いで2~3着ずつ必要になります。腰痛を防ぐためのベルトや妊婦用品なども含めると、合計で20,000~50,000円はかかると考えておいた方がよいでしょう。

まとめ

妊婦健診や異常がみられたときの診察、分娩や入院などを合わせると出産費用は数十万円にもなりますが、補助制度があるので実際にはそれほど多くの費用はかかりません。お金のことを考えずにリラックスして妊娠生活を送るためにも、予め出産費用がいくらぐらいかかるのか把握しておくことをおすすめします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加