出産費用

2016/08/23

帝王切開で出産した場合、出産費用はどうなる?

この記事の監修/執筆

イクシル編集部

帝王切開で出産した場合、出産費用はどうなる?

自然分娩でも帝王切開でも出産することに変わりはありませんが、帝王切開は手術を必要とするため出産費用の内訳が異なってきます。もし緊急帝王切開になっても慌てないよう、帝王切開にかかる費用について妊娠中に確認しておきましょう。

帝王切開の出産は、健康保険・高額療養費制度が適用される

自然分娩と違って帝王切開による出産は健康保険の対象となり、出産費用のうち保険診療費用の3割および自己診療費用(健康保険が適用されない入院中の部屋代・食事代など)が自己負担となります。 帝王切開手術そのものにかかる費用は、地域や医療機関の規模・種類に関係なく予定帝王切開なら約20万円、緊急帝王切開なら約22万円となります。ここに通常の分娩費用も加算されるので、保険が適用されるとはいえ帝王切開によるお産は高額になりがちです。そこで、帝王切開の場合は「高額療養費制度」が適用されます。これは保険診療費用が自己負担上限額(年齢・所得により異なる)を超えた場合に差額分が減免される制度で、帝王切開に限らず高額な入院や治療に適用されます。

出産育児一時金や医療費控除などでもカバーできる

健康保険および高額療養費のほかにも出産費用を補助してくれる制度がいくつかあるので、忘れず申請しましょう。

□出産育児一時金

健康保険・国民健康保険に加入している本人もしくは扶養家族が出産すれば、赤ちゃん1人につき42万円が出産育児一時金として支給されます。自然分娩・帝王切開に関係なく利用できる制度なので、忘れずに申請しましょう。

□出産手当金

勤め先の健康保険(国民健康保険は含まない)に加入している女性が産休を取り、その間の給料が1/3以下になる場合は、出産手当金が支給されます。出産手当金は産休中の生活をサポートするためのお金ですから、夫の扶養に入っている専業主婦や個人事業主などには適用されません。

□医療費控除還付金

所得税を支払っていて年収が103万円以上の場合、出産費用を含めて1月から12月の間に支払った医療費の総額が10万円を超えると医療費控除の対象となります。確定申告を行う際は、忘れず申告しましょう。

□医療保険の給付金

医療保険に加入している場合は、保険の内容によって入院給付金や手術給付金を受け取ることができます。保険会社によって給付金の内容や申請方法が異なるので、詳細は利用している保険会社で確認しましょう。

帝王切開での入院が月をまたぐと、出産費用が増える?

高額療養費制度は、その月の1日から末日までにかかった保険診療費用が自己負担上限額を超えると適用されます。入院期間が月をまたいだ場合とそうでない場合では保険診療費用の計算方法が変わるので、注意が必要です。

□例1:入院期間が6/15~6/23

入院期間が月をまたがないので、6月分の自己負担上限額を支払うだけで済みます。

□例2:入院期間が6/25~7/3

6月・7月分の保険診療費用を別々に計算して、それぞれの自己負担上限額を超えた分だけが減免されます。 例えば6月分の保険診療費用が自己負担上限額を超え、7月分が自己負担上限額を超えなかった場合、6月分の自己負担上限額と7月分の保険診療費用を支払わなければなりません。

帝王切開にかかる出産費用は自然分娩にくらべてどうしても高くなってしまいますが、代わりに手厚いサポートを受けることができるので自然分娩より出費が少なく済むこともあるそうです。 ここでご紹介した制度はごく一般的なもので、保険の種類によっては内容が多少異なることもあります。自分が利用している保険について、改めて確認してみましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加