出産費用

2016/08/23

分割払いはできる?出産費用の相場と支払い方法

この記事の監修/執筆

イクシル編集部

分割払いはできる?出産費用の相場と支払い方法

出産費用はどれくらいかかるかご存知ですか?妊娠・出産にはさまざまな費用がかかり、まとまった金額が必要になります。ここでは、出産費用や妊婦健診の相場や、分割払いの可否を含めた支払い方法、「出産育児一時金」について解説します。

出産費用は40〜50万円かかるのが相場

妊娠した時に考えておかなければならないのが出産費用です。妊娠・出産は病気ではないため健康保険がききません。そのため、1回あたり約5,000円かかる妊婦健診の他、出産費用は自然分娩で40〜50万円かかります。個人差はありますが、妊婦健診は約14回受けることになるため約7万円見込んでおく必要があります。

この他、マタニティ用品や出産準備品、ベビー用品など出産の前後に必要なものを買いそろえるとさらに約15万円かかります。つまり、出産に必要な費用としては、合計60〜70万円かかることになります。

上記はあくまでも平均的な金額です。出産費用は病院によっても大きく異なりますし、出産後の入院日数、個室か大部屋かによっても万単位で変わります。切迫流産や早産のリスクがある時や、重いつわりなどで予定外の入院を余儀なくされるケースもあるため、妊娠・出産に関わる費用は多めに見積もっておきましょう。なお、医学的な必要性から帝王切開が行われた場合の出産費用は、健康保険が適用されるため3割負担となります。

分割払いに応じてもらえる病院は少ない

このように、妊娠・出産にはまとまった金額が必要です。その中でも大きな割合を占める出産費用の支払い方法は、病院によって異なります。退院時に一括払いのところもあれば、あらかじめ予約金・前金として10〜20万円を支払い、退院時に差額を支払うというところもあります。

出産費用の分割払いに対応している病院は少ないです。ただ、最近ではクレジットカードで支払いできる病院も増えているため、分割払いを希望する場合は、出産予定の病院にクレジットカードの利用可否を確認しておきましょう。

出産費用の負担軽減!「出産育児一時金」を活用しよう

健康保険に加入していれば、高額な出産費用の負担を軽減することができます。それは「出産育児一時金」という制度で、妊娠4カ月(85日)以上で出産すると一児あたり42万円が支給されます(双子や三つ子など多胎の場合は人数分)。

出産育児一時金は、全国健康保険協会から病院へ直接支払われる「直接支払制度」という仕組みになっているため、出産前に申請しておけば、退院時は差額を支払うだけで済みます。出産費用を自分で支払い、出産後に一時金を申請する方法もあります。直接支払制度を導入していない病院もあるため、出産費用の支払い方法については病院に確認・相談しておくことが大切です。

まとめ

子供を授かると養育費のことが頭に浮かぶかもしれませんが、それ以前に妊娠・出産に関わる費用についても考えておく必要があります。妊娠・出産にかかる費用のうち、大きな割合を占めるのが出産費用です。一般的に出産は健康保険の適用外のため、40〜50万円が自己負担となります。クレジットカードでの支払いができる病院であれば分割払いもできますが、あまり多くありません。高額な出産費用を軽減させるには、「出産育児一時金」がお勧めです。健康保険に加入していれば申請できるため、出産予定の病院に早めに相談しましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加