出産手当金

2016/08/23

いくら支給される?出産手当金の仕組みと計算方法

この記事の監修/執筆

イクシル編集部

いくら支給される?出産手当金の仕組みと計算方法

出産手当金をご存知ですか?産休中は給料が出ない会社が多いため、その間の生活費を援助するために設けられた制度です。ここでは、出産手当金を利用できる条件や具体的な計算方法について解説します。いくらくらい支給されるのか、計算してみましょう。

産休中の生活費を援助する「出産手当金」とは?

仕事をもつ女性が妊娠すると、出産前後に一定期間の休暇(産前産後休暇)をもらえます。産休や育休の間は給料が出ない会社が多いため、出産前後の生活費を援助する目的で設けられたのが「出産手当金」という制度です。

出産手当金は国や自治体の制度ではなく、会社の健康保険組合や公務員の共済組合から支給される仕組みです。そのため、健康保険や共済組合の加入者であることが必須条件となります。加入していれば、契約社員やパート社員でも支給されます。

出産手当金が支給される期間は「出産日以前42日から出産日の翌日以降56日までの範囲内で、会社を休み給与の支払いがなかった期間」と定められています。「出産日」は、実際に出産した日が予定日より遅れた場合は「出産予定日」を起点とします。つまり、予定日から遅れた日数分も対象期間に加えることができます。

標準報酬日額とは?出産手当金の計算方法

出産手当金は特定の計算方法に沿って算出します。簡単に言うと「標準報酬日額の2/3に相当する金額」が出産手当金として1日あたりに支払われる金額で、対象日数分支払われる計算です。 標準報酬日額は、標準報酬月額を30日で割って算出します。標準報酬月額は基本給だけでなくボーナス・諸手当・残業代を含めた合計金額が用いられ、4月・5月・6月の平均で計算することが国によって決められています。

例えば、標準報酬月額が30万円の場合で合計98日分の出産手当金を申請すると、以下のように計算します。

・ 標準報酬日額:300,000÷30=10,000(円)

・ 出産手当金の日額:10,000×2/3=約6,666(円)

・ 出産手当金の総額:約6,666×98=約653,268(円)

出産予定日より早く産まれた場合は、産後休暇の56日からその日数分を引いて計算します。

まとめ

出産し、育児をしながら働く女性は増えていますが、産休中に給料が出ない会社がまだまだ多いのが実状です。出産手当金は、働くママの生活を支援する心強い制度なのでぜひ活用しましょう。ご紹介したように、出産手当金の計算は場合によっては少し複雑になるため、不明点があれば会社の健康保険担当者や健康保険組合の窓口に相談しましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加