出産手当金

2016/08/23

出産手当金、いつ申請していつ貰える?

この記事の監修/執筆

イクシル編集部

出産手当金、いつ申請していつ貰える?

出産の前後に仕事を休むと、その分の給料は支給されませんが、代わりに出産手当金が支給されます。では、この出産手当金はいつどのように申請するかご存知ですか?今回は、出産手当金の申請時期と給付時期がいつなのかを解説します。

出産手当金の申請方法

出産手当金は、健康保険の被保険者が出産前6週間(多胎妊娠の場合は14週間)、出産後8週間までの範囲内に仕事を休んで給料が発生しない間貰える給付金です。また、これは早産や妊娠4カ月以上経過した後の流産、死産、人工妊娠中絶の際にも給付の対象となります。出産手当金の金額は1日当たり標準報酬日額の3分の2で、日数に応じて支給されます。ただし、

□個人で国民健康保険に入っている人

□家族の健康保険の扶養になっている人

には、出産手当金の支給はありません。

出産手当金は以下のように申請します。

【1】産休に入る前に勤務先または社会保険事務所で申請用紙をもらっておく。

【2】申請用紙を記入する。その際、担当医師や勤務先の雇用主が記入する欄もある。

【3】申請用紙を勤務先の担当部署または社会保険事務所に提出する

出産手当金はいつまでに申請すれば良い?

出産手当金の申請には期限があります。期限は産休が開始した日の翌日から2年以内です。これを過ぎると出産手当金がもらえなくなってしまうので、給付対象の場合は産休が終わったら早めに申請するようにしましょう。出産後は育児が始まり忙しくなるので、後で慌てたり申請を忘れたりしないよう、妊娠中期ごろから早めに準備を始めることをおすすめします。

出産手当金はいつもらえる?

では、出産手当金はいつ貰えるのでしょうか。出産手当金がもらえる時期は手続きの時期にもよりますが、申請後1~2カ月後と言われています。そのため、実際に出産手当金が口座に振り込まれるのは出産後2カ月半~4カ月頃になります。

このように、出産手当金は出産してすぐに貰えるわけではありません。出産後の生活資金を出産手当金だけに頼ることは難しいので、それを忘れずにお金の準備をしておくようにしましょう。

また、出産手当金は一度に申請しなければいけないというわけではありません。産休期間のうち、すでに経過した分の出産手当金は申請できるので、少しでも早めに手当金が欲しいという場合は産前に一度申請しておき、残りの分を産後に申請することもできます。

いかがでしたでしょうか。以上のように、出産手当金は申請して1~2カ月後に産休の日数に応じた額が支給されます。出産は何かとお金がかかるものです。給付の対象者は産休開始から2年以内に申請するのを忘れずに、ぜひこの制度を利用してください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加