出産手当金

2016/08/23

働く女性は申請を!出産手当金支給申請書の書き方

この記事の監修/執筆

イクシル編集部

働く女性は申請を!出産手当金支給申請書の書き方

出産はうれしいイベントの1つですが、働いている方は収入への不安も感じるのではないでしょうか。実は産休中の収入面をある程度保証してくれる出産手当金があります。今回はこれを申請するときに使う出産手当金支給申請書についてご紹介します。

勤め先の健康保険に入っているともらえる出産手当金とは?

勤め先の健康保険に加入している被保険者が出産するために会社を休んだ場合、その間に給与を受け取っていない、もしくは受け取っていても規定額より少ないときに受け取れる手当金があります。これを出産手当金といいます。該当期間は出産した日までの42日間と出産した翌日から数えて56日目までの間です。この期間のうち、会社を休んだ日を対象に支給額が決定します。また、出産予定日よりも遅れて出産した場合は、予定日からその日までの分も合わせて支給されます。

すでに退職している場合でも、退職日の前日までで数え、被保険者期間が1年以上あり、かつ同時期に出産手当金の支給を受けていたか受けられる状態であった場合は、退職後も引き続き受給対象者となります。しかし、これはあくまで勤め先の健康保険に加入している場合にのみ適用になります。

早産、流産、人工妊娠中絶の場合でも4カ月以上の妊娠期間があった場合は支給対象になります。しかし、自分自身は働いておらず、家族の健康保険に被扶養者として加入している場合や、出産手当金は国民健康保険に加入している場合、残念ながら対象外となっていますので注意してください。

出産手当金支給申請書の書き方

出産手当金を受給するにはまず、自分が対象者であることを確認する必要があります。申請書自体は協会けんぽ等のホームページからダウンロードすることができますが、勤務先の担当者に問い合わせたほうが賢明です。出産手当金支給申請書は、申請者、医師や助産師、事業主がそれぞれ記入しなければならない箇所があるため、多くの場合、勤め先の担当者が健康保険組合へ届け出してくれます。産休に入る場合は書類の提出が郵送等でも問題ないか確認しておきましょう。

出産手当金支給申請書は全部で3ページあり、このうち出産する本人が記入する箇所は1ページ目と2ページ目になります。個人情報や手当金の振込口座、産休に関する質問に対する答えなどが主な内容です。記入し終えたらかかりつけの病院で出産に関する基本情報を書いてもらい、勤め先に提出しましょう。

実際にもらえる額はどのくらい?

出産手当金は支給開始日以前の12カ月間の給与額から1日あたりの平均給与額を算出し、これの3分の2の額が1日当たりの支給額になります。事業主の記入欄に今回の出産に際し、どの程度休んだのか、この間の給与支払いの有無、給与額の情報などがあるため、申請に際し、自身で支給額を計算する必要はありませんが、目安額を知りたいときにはこの方法で確認してみましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加