出産手当金

2016/08/23

出産手当金とは?働くママの気になる制度を徹底解説

この記事の監修/執筆

イクシル編集部

出産手当金とは?働くママの気になる制度を徹底解説

出産はうれしいものですが、働いている方は産休の期間を考えると収入面に不安に感じることもあるかもしれません。そんな働くママのための出産手当金という制度があるのをご存知でしょうか。今回は、出産手当金について詳しくご説明します。

産休時に受け取れる出産手当金とは?

働く女性が妊娠した場合、出産前後は会社を休むことになります。中にはそのまま退職する場合もあるでしょう。このとき最も心配なのが、働いていた時に比べて収入が減ってしまうことではないでしょうか。

しかし、このような場合でも勤め先で加入している健康保険に申請しておくと、給与の3分の2に値する額のお金を手当金として受け取ることができます。これが出産手当金です。出産手当金は出産に伴って休んだ日のうち、出産日の42日前から出産当日の期間と、出産した翌日から56日までの2つの期間が対象になります。

出産手当金は出産前にも申請ができるため、基本的に出産日は出産予定日として考えます。予定日が遅れた場合はその期間も支給対象になります。

出産手当金にはどんな条件があるの?

出産手当金を受け取るためには、まず勤務先の健康保険に被保険者として加入していることが条件になります。これは家族の健康保険に被扶養者として加入している場合は該当しません。正社員はもちろん、パートでもアルバイトでも雇用形態は問いませんが、自身が働いている必要があるということです。また、個人で加入する国民健康保険も当てはまらないので注意してください。

また、先ほど出産前にも申請できるとご紹介しましたが、あまりに早期の妊娠では申請することができません。出産前に申請するときは妊娠4カ月、日でいうと妊娠してから85日以上経過している必要があります。

出産手当金は退職後でも申請することが可能です。この場合は退職日の前日まで被保険者期間が1年以上あり、かつ同時期に出産手当金の支給を受けていたか受けられる状態であったことが必要になります。

どうやって申請すればいいの?

出産手当金の申請は加入している健康組合に対して行いますが、多くの場合、企業を通して申請します。申請に必要な書類は全国健康保険協会のホームページなどからダウンロードすることができます。しかし、加入している健康保険によって方法や書式が異なる場合があるため、まずは勤務先の担当者に問い合わせてみることをおすすめします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加