出産一時金

2016/08/23

出産するなら知っておきたい!出産一時金とその金額

この記事の監修/執筆

イクシル編集部

出産するなら知っておきたい!出産一時金とその金額

出産は新たな家族の誕生という喜びが待っている一方、現実的には多額の出産費用が必要です。しかし、出産一時金を利用することで、その負担を大きく軽減することができます。気になる金額や出産一時金の制度についてご説明します。

出産一時金とはどのようなものか?

出産一時金とは、分娩入院費などの出産費用に対して一定の金額を受け取れる給付制度です。普通、出産費用は、病気による場合とは異なって健康保険が適用されず自己負担です。そのため、妊娠した人にとっては、経済的な負担が軽くなる制度となっています。

出産一時金を受け取るには、国民健康保険もしくは健康保険に加入していること、妊娠期間が4カ月以上(85日以上)あること、という2つの条件があります。また、帝王切開や流産、死産といった場合であっても、申請すれば受け取ることができます。

出産一時金で受け取れる金額とは

出産一時金で受け取れる金額は、基本的に子ども一人につき42万円となっています。金額は子供の数によるので、例えば双子の場合は2倍の84万円、三つ子であれば3倍の126万円ということになります。さらに、勤務先の健康保険組合や住んでいる自治体によっては、その金額に付加給付が加算される場合もあります。

出産一時金を受け取るための手続きについて

出産一時金を受け取るためには、申請手続きを行う必要があります。申請先は場合によって異なります。

①母親が会社員か公務員で、産休中か退職後6カ月以内の場合→勤務先の健康保険に申請手続きを行います。申請先は母親の勤務先の担当窓口になります。

②母親が専業主婦や退職後6カ月以上が過ぎていて、父親が会社員か公務員の場合→父親の加入する健康保険に申請手続きを行います。申請先は父親の勤務先の担当窓口になります。

③母親が専業主婦や退職後6カ月以上が過ぎていて、父親が自営業などの場合→国民健康保険に申請手続きを行います。申請先は住んでいる自治体の市町村役所の窓口になります。

④母親が自営業の場合→国民健康保険ですので、申請先は住んでいる自治体の市町村役所の窓口になります。

出産一時金を受け取るための方法とは?

出産一時金を受け取るための方法は2通りあります。

1つ目は、出産をした病院に直接支払われる直接支払制度です。この方法は、出産後の退院の際に出産一時金の金額よりも超過した分だけを病院の窓口で清算します。もし出産費用が出産一時金より少なかった場合、差額は受け取ることができます。差額分は、申請書類提出後1~2カ月半の間に指定口座に振り込まれます。実際の支払い金額が少なく済むこともあり、こちらを利用する人の方が多い傾向にあります。

2つ目は、出産費用を自分で支払い、産後に申請し請求することで出産一時金が振り込まれるという産後申請法です。この方法は、あらかじめ自分でまとまった金額を用意しておく必要があります。出産一時金は、申請書類提出後2週間~2カ月の間に指定口座に振り込まれます。

出産には分娩入院費など多額の出産費用がかかりますが、出産一時金を利用することで出産費用は大きく抑えられます。差額があった場合は差額分を受け取ることもできますし、妊婦さんにとってはとても有用な制度です。ぜひ制度を活用しましょう!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加