出産一時金

2016/08/23

出産費用が出産一時金より少なかった場合、差額分はどうなるの?

この記事の監修/執筆

イクシル編集部

出産費用が出産一時金より少なかった場合、差額分はどうなるの?

出産する人にとって嬉しい出産一時金の制度。給付される金額は決められていますが、実際の出産費用がその金額より少なかった場合、差額を受け取ることができます。出産一時金の差額を受け取る方法についてご紹介します。

出産一時金の金額と受け取るための条件

出産一時金は、子ども一人に対して42万円支給され、子どもの数が増えるとその数に対して倍増します。双子だった場合は倍の84万円ということになります。産科医療補償制度に未加入の医療機関の場合には、40万4000円となります。

出産一時金を受け取るためには2つの条件があります。

1つ目は健康保険への加入です。母親が健康保険に加入しているか、父親の健康保険の被扶養者になっている必要があります。 2つ目は妊娠から4カ月以上(85日)を経過しているということです。

上記の2つの条件を満たしている場合、申請手続きを行うことで出産一時金を受け取れます。また、死産や早産、流産の場合でも妊娠から4カ月以上(85日)であれば受け取ることができます。

出産一時金の差額を受け取る方法とは

出産一時金の差額を受け取るためには、直接支払制度か受取代理制度を利用する必要があります。

直接支払制度は、出産する人が出産する医療機関で手続きをすることで、出産一時金を直接その医療機関に支払うという制度です。この方法は、出産する人に代わって医療機関が健康保険に申請し、直接出産一時金の支給を受け取ります。出産する人は出産費用として必要な多額の現金を用意する必要がなく、実際に支払う金額は少なくて済みます。また、手続きも医療機関で書類をもらって提出するというもので、それほど手間がかかりません。

受取代理制度は、出産する医療機関が出産する人に代わって出産一時金を受け取るという制度です。こちらを利用する場合は、事前に健康保険に受取代理申請書を提出して申請しておく必要があります。出産一時金は医療機関に支払われることになりますが、直接支払制度と内容はほとんど変わりません。

どちらの場合でも、出産費用が出産一時金で支払われる金額よりも多かった場合は、超過した金額を医療機関で清算する必要があります。金額が少なかった場合は加入している健康保険に申請すれば、差額を受け取ることができます。

出産一時金を受け取るためのその他の方法

出産一時金を受け取るための別の方法として、産後に申請する方法もあります。この場合は、出産費用は一旦全額自分で支払う必要があります。そして、出産後に加入している健康保険に申請することで、出産一時金を受け取ることができます。

出産一時金の受け取りは直接支払制度が主流となっていますが、支払いをクレジットカードにした場合はポイントを貯められるメリットもあります。

差額が出るのは直接支払制度か受取代理制度を選んだ場合のみですが、産後に申請して出産一時金を受け取る方法にもメリットがあります。事前に方法をよく確認しておきましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加