出産一時金

2016/08/23

いつ、どこで申請する?出産一時金を受け取るための手続き

この記事の監修/執筆

イクシル編集部

いつ、どこで申請する?出産一時金を受け取るための手続き

一般的には、一度の出産にかかる費用は約40~50万円と言われています。出産にはお金がかかりますが、その負担を軽減するための制度もあります。出産一時金もその一つ。今回は、出産一時金の手続きはいつどこで行うのかについて解説します。

出産一時金とは?

そもそも出産一時金とは何なのでしょうか。出産一時金は、正式には出産育児一時金と言います。これは、出産にかかる費用を助成するためのもので、妊娠4カ月以上で出産した場合、子ども1人につき42万円が支給されます。なお、この出産一時金は、妊娠4カ月を経過していれば死産や流産、人工妊娠中絶の場合でも支給の対象となります。

では、出産一時金はどのような人がもらえるのでしょうか。給付のための条件は、国民健康保険もしくは健康保険の加入者か被扶養者であることです。これに加えて独自で健康保険組合などに入っている場合は、出産一時金の額がさらに上乗せされることもあります。

出産一時金はどこで手続きする?

出産一時金を受け取るには申請手続きが必要です。手続きを行う場所は、加入している保険の種類によって以下のように異なります。

□出産する本人が勤務先の健康保険に加入している場合は、職場の健康保険担当窓口で手続きを行う

□夫の勤務先の健康保険の被扶養者になっている場合は、夫の職場の健康保険担当窓口で手続きを行う

□国民健康保険に加入している場合は、住んでいる自治体の役所で手続きを行う

出産一時金はいつ申請手続きを行う?

出産一時金の受け取り方には「直接支払制度」と「産後申請方式」があるので、どちらの方法で申請するかを決める必要があります。それぞれの方法によって申請手続きを行う時期が違うので、チェックしておきましょう。

まず、直接支払制度とは、加入している健康保険から出産一時金を出産した病院に直接支払う方法です。現在ではこの方法が主流となっています。直接支払制度を利用する際は、出産前にどこの病院に支払いをするのかを決めて申請の手続きを行います。また、その際は病院側にも必要書類に記入をしてもらう必要があります。

一方、産後申請方式とは、出産費用を自分で立て替えておき、後に出産一時金を受け取るものです。この場合は、出産後に申請の手続きを行います。

出産一時金は国民健康保険か健康保険に加入もしくは被扶養者となっていれば支給されますが、保険の種類によって手続きを行う場所が違います。また、出産一時金の受け取り方によって申請を行う時期も異なるため、自分がいつどこで手続きを行うのかしっかりと確認しておきましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加