出産一時金

2016/08/23

帝王切開の際上手に利用したい!出産一時金とは?

この記事の監修/執筆

イクシル編集部

帝王切開の際上手に利用したい!出産一時金とは?

5人に1人の妊婦さんが行うと言われている帝王切開。帝王切開は一般的な出産に比べ費用が高くなると言われています。そんなときにこそ、出産でもらえるお金を賢く利用したいですよね。今回は、帝王切開の際の出産一時金の上手な利用方法をご説明します。

帝王切開の費用はどのくらいかかる?

帝王切開とは、お母さんのお腹と子宮を切り開いて赤ちゃんを取り出すというものです。これは、赤ちゃんかお母さんかのどちらかに問題があるため経膣分娩が困難なときに行われる方法です。現在、約20%の妊婦さんが帝王切開によって出産しており、帝王切開は決して珍しいものではありません。また、帝王切開にはあらかじめ計画しておく「予定帝王切開」と出産直前や出産の途中に何らかの問題が発生して急に行うことになる「緊急帝王切開」があります。

では、帝王切開にはどのくらいお金がかかるか知っていますか?帝王切開にかかる費用は、病院によって異なりますが40万円~100万円ほどであり、一般的な出産費用よりも高額になることが多いと言われています。ただし、そのうち帝王切開手術自体の費用は約22万円で、これには健康保険が適用されます。

出産一時金って?

このようにお金のかかる帝王切開ですが、そんなときこそ上手に利用したいのが出産一時金です。出産一時金は、正式には出産育児一時金といいます。これは、加入している健康保険から出産費用を補助してもらう制度で、新生児1人あたり42万円支給されます。

この出産一時金が支給されるための条件は、国民健康保険に加入しているか健康保険の被保険者または被扶養者となっていることです。

帝王切開の際の出産一時金の上手な利用方法

出産一時金の受け取り方は、産後申請方式か直接支払制度を選択することができます。産後申請方式とは、その名称通り産後に出産一時金を申請して受け取るものですが、これを選択した場合は一旦出産費用を自分で立て替えておく必要があります。

これに対し、直接支払制度とは出産一時金の請求や受け取りを妊婦さんの代わりに出産する病院が行ってくれるというものです。直接支払制度には手数料がかかることもありますが、入院や出産にかかる費用を一度に負担する必要がないため便利です。この方法を利用する場合は、出産前にあらかじめ申請をしておく必要があります。

いかがでしたでしょうか。出産一時金は国民健康保険か健康保険に入っている人がもらう権利のあるお金です。特に、帝王切開には経膣分娩よりも一般的に費用がかかると言われているので、ぜひ忘れず申請しましょう。利用する際は、帝王切開で高額な入院費や手術費を支払うことになって慌てることのないよう、あらかじめ直接支払制度の手続きをしておくことをおすすめします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加