出産一時金

2016/08/23

出産一時金とは?出産時に受給できるお金のあれこれ

この記事の監修/執筆

イクシル編集部

出産一時金とは?出産時に受給できるお金のあれこれ

健康保険の適用外となる出産費用。出産一時金は多額の出産費用を補てんしてもらえる便利な制度です。今回は出産一時金について説明します。

出産時に受給できる出産一時金とは?

分娩費用やその間の入院費は健康保険の適用外となり、100%自己負担となります。出産時にかかる費用は約40万円ともいわれています。 そのため、健康保険には出産一時金という制度があります。出産一時金とは健康保険の対象外となる出産費用を補てんしてもらえる制度です。国民健康保険や勤め先の健康保険に加入しており、妊娠週数が22週以上の出産だった場合は、誰でも受け取ることができます。額面は42万円です。産科医療保障制度に加入していない産院で出産した場合や、妊娠週数が22週に満たない場合の出産でも40万4千円が受給できます。

出産一時金の申請方法

出産一時金の申請は、加入している健康保険組合に対して行います。そのため、加入先によって申請方法が異なります。

勤め先の健康保険に加入している、もしくは退職してから6カ月以内である場合は、ほとんどの場合、勤め先を経由して申請を行います。また、家族の勤め先の健康保険に被扶養者として加入している場合も同様です。不明点があれば、それぞれの勤め先の担当者に問い合わせましょう。

国民健康保険に加入している場合は、住んでいる市区町村の役所で手続きを行います。健康保険担当者がいる窓口があるので、そこで相談し、申請も行いましょう。

出産一時金の直接支払制度について

一時金が受け取れるとしても、出産した医療機関に一度はまとまった金額を払わなければならないとすれば、負担になります。このため、出産一時金には直接支払制度というものがあります。これは、申請を受けた健康保険組合が、医療機関に対し直接出産費用を支払ってくれる制度です。ほとんどの場合、この制度を利用することになります。出産費用が支給額の範囲内だった場合は、出産後に差額分を健康保険組合へ申請することができ、反対に支給額を超えてしまった場合は、超えた分だけ医療機関に支払います。

妊娠がわかったら、まずは勤め先やお住いの市区町村へ問い合わせてみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加