出産一時金

2016/08/23

出産一時金は扶養に入っていたらもらえる?

この記事の監修/執筆

イクシル編集部

出産一時金は扶養に入っていたらもらえる?

加入している健康保険から支払われる出産一時金は、出産にあたり心強い制度です。しかし、出産一時金は扶養に入っていてももらえるのでしょうか。今回は出産一時金の受給方法について解説します。

子供一人当たり42万円が支給される出産一時金

妊娠・出産はうれしいけれど、費用を考えると少し心配。出産には、平均で40万円程度の費用がかかるといわれています。日本では子ども1人あたり42万円の出産一時金が健康保険から支給されます。出産にかかる費用の大部分を賄えるので頼りになります。

扶養に入っていれば出産一時金が支給される?

出産一時金は各健康保険に加入している方が出産すれば、どなたでももらえます。ここで心配になるのが、専業主婦など健康保険の扶養に入っている方は支給されるのかどうかです。「自分で保険料を納めていないので対象外になるのでは?」と、不安になるかもしれませんが配偶者が健康保険に加入していれば出産一時金が支給されます。同じく、シングルマザーなどで親の扶養に入っている方も親が加入している健康保険から出産一時金が支給されます。つまり、誰かの扶養に入っている方も出産一時金が支給されます。ただし、支払い能力があるにもかかわらず保険料を滞納している場合は、出産一時金が支給されない可能性があります。保険料の支払い状況には注意しましょう。

出産一時金の申請はどうすればよいの?

出産一時金を受け取れる方は、どのように申請すればよいのでしょうか。現在、多くの産院で行われている、健康保険から産院に出産一時金を直接支払う「直接支払制度」の場合、保険証を産院で提示して出産一時金の申請・受取に係る代理契約を締結するだけです。直接支払制度の導入状況については産院で確認できます。直接支払制度を導入していない場合、自分で健康保険に申請して産院が出産一時金を受け取る受取代理方式か、出産費用を全額自己負担したのち健康保険に申請して出産一時金を自分で受け取る産後申請方式のどちらかを利用できます。

まとめ
健康保険の扶養に入っている方であれば出産一時金が支給されます。配偶者の扶養に入っている方はもちろん、親の扶養に入っている方も同じです。ただし、支払い能力があるにもかかわらず保険料を滞納していると支給されないことがあります。この点には注意が必要です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加