出産と保険

2016/08/23

出産時に保険金を受け取れる!?妊娠前に加入したい保険

この記事の監修/執筆

イクシル編集部

出産時に保険金を受け取れる!?妊娠前に加入したい保険

民間の保険サービスに加入していれば、出産時に保険金を受け取れる可能性があるといいます。今回は出産に備えて入っておきたい民間保険サービスについてご紹介します。

出産にかかる費用ってどのくらい?

妊娠期間中と分娩にかかわる出産費用は、基本的に健康保険が適用されず自己負担になります。健康保険組合や自治体などから出される一時金などによってその費用を賄えるともいわれていますが、実際はどの程度の費用がかかっているのでしょう。

(1)自然分娩

地域や施設によって差があるものの、平均約40~50万円程度といわれています。この額は分娩とその後の入院費用を見積もったものなので、破水して分娩の数日前に入院した場合や、出産後の入院日数が延びた場合はさらに費用がかかることも考えられます。

◆分娩料…22万円

◆入院料…10万円

◆新生児管理保育料…5万円

◆検査・薬剤料…1万円

◆産科医療補償制度保険料…3万円

◆その他諸経費…1.4万円

合計42.4万円

(2)帝王切開

帝王切開は健康保険の対象となりますが、自然分娩と比べると手術費用、入院日数の違いから費用が高額になる場合が多いです。まず、手術費用についてですが、上記の金額に加え、帝王切開手術の22万1600円のうち、3割を負担する必要があります。入院日数も自然分娩と比べると約1~10日多くなるため、1日1万円と見積もっても1~10万円は多くなります。ただし、はじめに触れたように、帝王切開は健康保険の補助対象となるため、給付金等を活用できることがあります。

出産費用を抑える方法とは?

帝王切開により出産する場合は、その費用を抑えるための方法としてあらかじめ民間の保険サービスに加入しておき、出産後給付金を受け取るという方法があります。これは生命保険に入院、治療特約を付与しておくか、医療保険を利用するという方法です。

(1)生命保険

被保険者が死亡した場合に保障がおりるタイプの保険。通常、入院費保障等はついていないため、あらかじめ入院、治療費についての特約を付けておく必要がある。

(2)医療保険

けがや病気をした場合に保障がおりるタイプの保険。定期保険を利用すると計画的に保険を利用できる場合がある。

なかには自然分娩でも保険金がでるものもある

商品の数は少ないものの、中には自然分娩時の入院費を保障してくれる保険サービスを出している会社もあるようです。いずれにしても保険は妊娠後ですとさまざまな特約が設けられてしまい、給付金を受け取れないケースがほとんどだといいます。民間保険の保険金を出産時に利用したい場合は、妊娠する前の早い段階で検討することをおすすめします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加