調査・アンケート

2016/08/22

600名男女対象に「妊活・妊娠」意識調査

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

600名男女対象に「妊活・妊娠」意識調査

半数以上の夫婦が「できるだけ早い妊娠」を希望

バイエル薬品株式会社は「妊活・妊娠に関する意識調査」を行い、18日結果を公表しました。アンケートの対象となったのは、全国の妊娠中または妊娠を計画している25~44歳の男女各300名、合計600名で、7月1日~4日の期間にインターネットにより調査が行われました。

まず妊娠計画について「あなたやパートナーは、結婚後、何年以内の妊娠を計画していますか・していましたか」との質問に、50.3%が「できるだけ早く」と回答した他、「半年以内」7.2%「1年以内」17.0%の回答があり、合わせて24.2%が結婚後1年以内の妊娠を計画していることがわかりました。

妊活に対する意識の高さがうかがえる結果とともに、一方では妊活中の夫婦間トラブルの有無については、妊活を経験した夫婦398人のうち42.5%にあたる169人が「ある」と回答しました。トラブルのきっかけとして多かったのは「パートナーとのモチベーションギャップ(67.5%)」「なかなか妊娠しないことへの不安、焦り(56.2%)」など。少数意見として「パートナーからの不妊の原因に関する追求(3.6%)」という回答も上げられています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加