出産準備品

2016/08/22

6・7・8月(夏)生まれの赤ちゃん向け出産準備品リスト

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

6・7・8月(夏)生まれの赤ちゃん向け出産準備品リスト

出産準備品を揃えるときにチェックすべきは生まれ月です。赤ちゃんがどの季節に生まれるかによって、準備品の内容が多少変わってきます。6・7・8月(夏)生まれの赤ちゃんが快適に過ごせるように、しっかりチェックして準備をしてくださいね。

6・7・8月(夏)生まれの赤ちゃんの衣類

出産準備品の中で最も必要になるのは赤ちゃんの衣類です。汗をかいてもすぐ着替えさせてあげられるように、肌着類は多目に用意しておきましょう。または、背中に汗をかいていたら取り替えるために、ガーゼや小さなタオルも用意しておきましょう。夏はエアコンを使う日が増えますが、生まれたての赤ちゃんは体温調節が未熟なので冷やさないように注意が必要です。それらを踏まえ、衣類は
◇短肌着(3~5枚)
◇コンビ肌着や長肌着(3~5枚)
◇長袖か半袖のウェア(2~3枚)
を用意しておきましょう。寒い日にはベストやカーディガンなどで体温調節してあげるといいですね。

6・7・8月(夏)生まれ赤ちゃんに準備する寝具

生まれてすぐの赤ちゃんは寝ている時間が長いものです。クーラーを使いすぎると、まだ体温調節が未熟な赤ちゃんには厳しい状態ですから、適度な温度に調節し環境を整えてあげましょう。お布団セットでは暑すぎる可能性がありますので、バスタオルやタオルケットを数枚かけてあげましょう。防水シーツで汗が敷布団にしみこまないように注意しましょう。

その他最低限準備するものとは

では、それ以外で最低限準備しておくべきものとは何でしょうか。

<授乳用品>
◇哺乳瓶
◇哺乳瓶用乳首
◇粉ミルク
◇哺乳瓶消毒セット(煮沸消毒、電子レンジ消毒、漬け置き消毒のどれか)

母乳が出ない体質だった場合に備えて授乳関連の物は最低限の数で用意しておきましょう。

<おむつ>
◇紙おむつ(すぐに大きくなるので買いだめはしないように)
◇布おむつ(紙おむつとどちらか)
◇布おむつカバー
◇おしりふき

<お風呂>
◇ベビーバス
◇ベビーソープもしくは石鹸、ベビーパウダー
◇綿棒
◇ベビー用保湿商品

夏生まれの赤ちゃんは汗っかきなので、こまめに汗をかいていないかチェックしてあげましょう。かといって何もかけずに寝かせておくのもよくありませんので、バスタオルやタオルケットなど、適度なものをかけて快適なコンディションにしましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加