出産準備品

2016/08/22

里帰り出産の前に準備しておくべきことは?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

里帰り出産の前に準備しておくべきことは?

赤ちゃんに会えるのは楽しみだけれど、出産は体にも負担がかかるものです。そのため、精神的にも肉体的にも安心な里帰り出産を選択する人も多いのではないでしょうか。今回は、里帰り出産をする際に準備しておくべきことを解説します。

出産するための準備

里帰り出産を行う場合、まずは現在通っている産院とは別に、帰省先で出産をする産院を決めておく必要があります。産院のホームページや口コミなどでしっかりと情報収集をして、早めに予約をしましょう。産院を選ぶ際は以下の点に注目すると良いでしょう。
□里帰り出産を受け入れているか
□実家からの距離は遠くないか
□自分の望む分娩方法を取り入れているか
□費用
□産後の母子同室がいつから始まるか
□立ち合い出産はできるか

帰省先の産院が決定したら、紹介状を作成してもらわなければならないため、現在通っている産院にもそのことを伝える必要があります。

自分と赤ちゃんに必要なもの

出産のための里帰りが決まったら、直前になって慌てることのないように早めに準備をしておきましょう。ここでは、里帰り出産の準備物についてチェックしていきます。

まずは入院のために必要なものです。入院する際には以下のものが必要になります。
□産院の紹介状
□健康保険証
□母子手帳
□印鑑

里帰り出産をする場合、一般的に約2カ月実家で生活することになります。そのため、その間自分に必要なものを準備しておく必要があります。持って行くべき荷物は以下の通りです。
□マタニティ用の服
□洗面用具
□化粧品
□下着
□産後に着る服(授乳を行いやすいもの)
□産後用の補正下着
□パジャマ

生まれてくる赤ちゃんのための荷物も準備しておきましょう。最低限必要なものは、
□赤ちゃん用の肌着
□赤ちゃんの服
□おむつ
□ミルクや哺乳瓶
□ベビー布団
□沐浴用品
です。また、実家に赤ちゃんを寝かせるスペースを確保してもらうのも忘れないようにしましょう。

自宅を空ける前にしておくこと

里帰り出産をする際は、自分のための準備以外にも、自分が留守の間の準備も必要です。普段家事をしない夫の場合、留守中は掃除や洗濯ができないなど困る可能性があります。そのため、家を空ける前に家事を引き継ぐ必要があります。家事の方法をメモにして残したり、あらかじめ練習をしてもらったりすると安心です。

また、里帰り出産から自宅に帰ってきたときにバタバタしないように、あらかじめ赤ちゃんのための居場所を作っておくことをおすすめします。ただし、赤ちゃんの布団は清潔である必要があるため、帰ってくる直前には掃除をしてもらうようにお願いしておきましょう。

早めの準備で余裕をもって出産に臨もう

里帰り出産の場合は、自分と赤ちゃんの衣類以外にも、帰省先の産院を決めたり自宅の家事の引継ぎをしたりするなど準備しておくことがたくさんあります。里帰り直前になって慌てることのないように早めに準備を始め、余裕をもって出産に臨みましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加