溶連菌

子どもが溶連菌に感染!抗生物質は絶対に必要?

溶連菌は子どもに多くみられる感染症の1つですが、治療には抗生物質を使用するのが一般的です。溶連菌に感染した場合、抗生物質の服用なしで自然治癒することはないの?という質問に対し、医師や看護師さんたちは何と回答しているのでしょうか。

ママからの相談:「溶連菌の治療に抗生物質は必須?自然治癒の可能性は?」

子どもが溶連菌に感染しました。てっきりアデノウイルスだと思っていましたが、検査をしたら溶連菌の陽性反応が出て、抗生物質を飲んでその後の尿検査の結果をみるまでは治ったといえないと、医師からいわれました。抗生物質が必要となると、自然治癒はありえないのでしょうか。もし自然治癒が可能なら、どのようなことに注意すればよいのか、集団生活をする上で手洗い・うがい以外に何か気を付けることはあるのでしょうか。(30代・女性)

自然治癒の場合は感染を繰り返しやすい

溶連菌感染症は自然に治ることもあるようですが、その場合は体内に菌が残ったまま保菌状態となり、感染を繰り返しやすくなります。また治癒するまでに長い時間がかかったり、重篤な合併症を引き起こしてしまう可能性もあると、医師や看護師さんは説明しています。

抗生物質を開始しても、除菌のためには最低10日間程度の服用が必要となります。また、抗生物質を使用せず自然の免疫作用で治癒することもありますが、その場合は完全な除菌ができず、保菌した状態になる可能性が高くなります。その場合感染の再発を繰り返したり、急性糸球体腎炎やリウマチ熱アレルギー性紫斑といった重症の合併症を発症する可能性も高くなります。(医師)
溶連菌といっても種類は複数存在し、感染したからといって必ず症状が出るわけでもないですし、自然治癒することもあります。しかしその場合は治癒に1カ月程度かかることもあるため、保育園や幼稚園を長期間休まなければなりません。何より本人が一番辛い思いをすることになります。(看護師)

通常の風邪予防と同様に手洗いうがいをし、マスクの着用も

溶連菌感染症を予防するためには、通常の風邪予防と同じように「手洗い・うがい・マスクの着用」が効果的なようです。小さい子どもは免疫力が弱いため、日ごろから規則正しい生活を送り、感染予防に努めましょう。

感染は保菌者からの飛沫・経口・経皮感染になるので、予防としては手洗いとうがい、マスクが基本となります。バランスの取れた食事と充分な休養・睡眠を心がけ、免疫力を高めるような規則正しい生活を送ってください。家族の中で感染を繰り返す場合は、一度家族全員で検査を受け、陽性が出た方の除菌を検討した方がよいでしょう。(医師)
他の感染症予防と同じように手洗い・うがいの励行や、マスクの着用が基本です。しかし幼い子どもの場合、マスクを常時装着してくれるかというと難しいこともあるでしょう。他には同じコップやタオルの共用は避けることも、感染の予防になります。(看護師)

溶連菌感染症は自然治癒することもありますが、その場合は菌が完全になくならず保菌状態となり、感染を繰り返したり合併症を引き起こしやすくなるようです。通常の風邪予防と同様に手洗いやうがいなどを行い、免疫力を高めるために規則正しい生活を送ることも大切です。


2016/09/02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)