扁桃腺

2016/09/08

6歳の息子が喉が痛くて水が飲めない…1日くらい水分なしで大丈夫?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

6歳の息子が喉が痛くて水が飲めない…1日くらい水分なしで大丈夫?

子どもが扁桃腺の風邪にかかり、飲み込むときに喉が痛むため水も飲みたがらないという相談が寄せられました。唯一食べられる飴を与え、水は与えなくても大丈夫かという質問に対し、専門家の皆さんはなんとアドバイスしているでしょうか。

ママからの相談:「扁桃腺の風邪、水を飲むのも困難です」

先日6歳の息子が「つばを飲むだけで喉が痛い」と訴えたので、小児科へかかりました。扁桃腺の風邪とのことで、喉に白いブツブツが出来ていたのを一緒に見せてもらいました。扁桃腺を塞ぐような大きさで驚きました。熱はないものの、痛みからか食欲がなく、水すら飲むのを嫌がりました。飴なら食べられるというのですが、そういう状態の時に飴は大丈夫なのでしょうか。1日ぐらい水分を与えなくても大丈夫なのでしょうか。(30代・女性)

飴でもよいがゼリー飲料などを活用して

最低限の水分補給は必要です。とろみのあるもののほうが飲み込みやすいため、ゼリー飲料などを利用して水分とカロリーを補給しましょう。

水を飲むのも難しく、お子さんが食べられるのでしたら、飴でもよいでしょう。熱がなければ積極的に水分を与える必要はありませんが、何も食べられないのでしたら、最低限の水分補給は必要です。氷でもよいですが、冷たいものは喉を刺激しますから、常温か温かい飲み物を少量ずつ与えてください。水でも喉が痛いようでしたら、ゼリーやプリンなど、少しとろみのある方が飲み込みやすいかもしれません。(産科医師)
飴でとれるカロリーはわずかです。のどが痛いのであればゼリー飲料もありますし、スポーツドリンクなどで水分補給と同時に失われがちな電解質などを補給するようにしてください。食事は食べなくても数日大丈夫ですが、水分に関してはまったく与えないと脱水を起こすので気を付けてください。糖分もとらなければ低血糖を引き起こす場合もあるので、やはり何か口から摂れるものを摂るのがいいと思います。(内科看護師)

全く補給できない時は早めに医師に相談を

水分が取れない状況が続くと、脱水を起こして症状が悪化する恐れがあります。早めに医師に相談し、必要に応じて点滴を受けましょう。

何も食べられず、水分も取れない時は病院で点滴を受けてください。おしっこがでていればまだ大丈夫ですが、子どもは新陳代謝が活発ですから、1日くらいと思っても、脱水を起こして症状が悪化することもあります。早めに医師に相談してください。6歳ですと、体重1kgに対し、60~70mlの水分が1日に必要な量です。(産科医師)

喉の痛みがひどく水も飲みたがらない状況の時でも、最低限の水分補給は必要です。ゼリー飲料などとろみのあるものを利用し、水分とカロリーを補給しましょう。もし全く水分補給ができないようであれば、脱水症状に陥るのを防ぐため、早めに医師に相談して点滴などの処置を受ける必要があります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加