扁桃腺

2016/09/08

12歳息子の喉の痛みは風邪か声変わりか?見分け方は?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

12歳息子の喉の痛みは風邪か声変わりか?見分け方は?

喉が痛くて病院へ行ったものの、薬を飲んでも喉の違和感が消えないという12歳の少年ですが、もしかして声変わりではと思い当たったお母さんから相談が寄せられました。風邪と声変わりの見分け方について、専門家の皆さんの意見とは。

ママからの相談:「声変わりと風邪の違いは?」

先日から12歳になる息子が喉の痛みを訴えるので小児科に連れて行きました。一応風邪の症状ということで風邪薬を5日分いただいて飲み切りましたが、今でも喉の痛みと共に違和感を訴え続けています。息子によく聞けば、最近声を出す時に違和感を感じ、無理して出すことで喉が痛いとのことです。これはもしかして声変わりの兆候なのでしょうか。風邪と声変わりの見分け方を教えてください。(30代・女性)

個人差はあるものの10〜14歳ごろが一般的

声変わりは第二次性徴のひとつで、一般的に10〜14歳ごろといわれています。無理に声を出すことは控えましょう。

成長期に入り、男性ホルモンの分泌が活発になってくると、発毛や変声などの第二次性徴が現れます。変声は、声帯の急激な成長に対し、声帯筋の発育が追い付かず、声が出しにくい、声がかすれるなどの症状が現れます。個人差はありますが、10~14歳頃にみられ、長い方は3~4年続く場合もあります。(産科医師)
特に高音の音が発しにくく、声帯に負担をかけるため、この時期に無理に声を出したり、ボイストレーニングなどは避けた方がいいといわれています。(産科医師)

発熱などほかの症状の有無に注意しましょう

風邪の場合、喉の違和感以外にも発熱や食欲の低下など他の症状を伴うことがほとんどです。それら他の症状の有無を観察するとともに、内服薬の効き方にも留意することで、風邪か声変わりかを判断する材料になります。デリケートな時期ですから大騒ぎせず、静かに見守ってあげましょう。

年齢から考えても早い子ですと声変わりの可能性も否定できません。声変わりの症状としては声がかすれる、うまく声が出せない(がらがら声やしゃがれ声)、痰がからむといったものがあります。声変りの時期にはホルモンの変化などで様々な症状を伴うことがあり、発熱がないか、食欲はどうかなどのどや声以外に体調の変化がないか聞いてあげるとよいでしょう。(内科看護師)
風邪の症状でしたら、他にも喉の炎症や発熱、くしゃみなどを伴い、内服や時間の経過で改善されますが、変声期の変声は内服などでは改善されません。経過をみるしかないでしょう。デリケートな時期ですし、自分の体の変化に戸惑うこともありますから、そっと見守ってください。(産科医師)
周りの友達に比べて声が変わることを気にするお子さんもいるので、あまり過度に声が変わったと指摘せず見守ってあげてください。(内科看護師)

声変わりは一般的に10〜14歳ごろに起こるといわれています。喉の違和感のほかに発熱などの症状があるか、内服薬で改善が見られるかなどのポイントをチェックし、風邪との判別をつける参考にするとよいでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加