入院準備

2016/08/23

初めての出産!入院準備品はいつから何を用意すれば良い?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

初めての出産!入院準備品はいつから何を用意すれば良い?

出産のための入院は、病気での入院とは準備すべきものが違います。そのため、初めての出産の場合は何を準備すれば良いのかわからないと思っている方も多いのではないでしょうか。今回は、いつからどのような入院準備品を揃えればよいかについて解説します。

入院準備品はいつから揃え始めれば良い?

まずは、入院準備品はいつごろから買い始めればよいのでしょうか。妊娠36週以降を臨月と言いますが、臨月になると赤ちゃんはいつ生まれてきてもおかしくありません。そのため、入院準備は遅くても妊娠36週までには済ませておきたいものです。

入院の準備は、妊婦さんの体力も気分も安定してくる妊娠28週ごろから始めると余裕をもって行うことができます。体調が良い日に旦那さんと一緒に買い物に出かけて、早めに準備を始めましょう。

入院準備品を買う前に

入院中に必要なものの中には産院で支給されるものもあるので、買い物をする前にあらかじめ何を支給してもらえるのかをチェックしておきましょう。産院によっては、母親学級などで入院に必要なものを教えてくれることもあります。産院で何が必要で何が必要でないかをしっかり情報収集して、無駄のない入院準備を行いましょう。

これは準備しておきたい!入院準備品リスト

それでは、出産のための入院で必要なものを紹介します。入院準備品には大きく分けて、入院時に必要なもの、陣痛・分娩の際に必要なもの、出産から退院の際に必要なものがあります。

まず、入院時に必要なものは次の通りです。
□産院の診察券
□健康保険証
□母子手帳
□印鑑
その他にも産院から必要と言われている書類等があれば、それも忘れずに準備しておきましょう。

次に、陣痛・分娩の際に必要なものには、次のものが挙げられます。
□飲み物
□軽食
□汗を拭くタオル
その他には、熱いときには冷却シート、寒いときには使い捨てカイロなどがあると便利です。

出産から退院の際に必要なものには、
□パジャマ
□カーディガン
□靴下
□産褥ショーツ
□授乳用ブラジャー
□スリッパ
□骨盤ベルト
□入浴用品
□洗面用具、歯磨き用品
□基礎化粧品
□ティッシュペーパー
□ガーゼ
□清浄綿
□母乳パッド
□赤ちゃんの肌着とベビーウェア
□退院時に着る服
などがあります。
出産一時金の直接支払制度を利用しない場合は入院費用も必要です。退院時に家族に持って来てもらいましょう。

安心して入院できるように、前もって準備をしておこう

出産のための入院には、赤ちゃんのために必要なものも準備する必要があるため、かなり荷物が多くなることが予想されます。そのため、陣痛・分娩時に必要なものと出産から退院時に必要なものとでバッグを別にしておくと、何がどこにあるのかがわかりやすく便利です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加