入院準備

2016/08/23

入院準備の際に用意したいものとバッグの分け方

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

入院準備の際に用意したいものとバッグの分け方

入院準備の際に用意しておきたいものは非常に多く、1つのバッグに詰め込むと出すのが大変です。必要なときにすぐ取り出せるようバッグを分けておくことをおすすめします。ここでは、入院準備の際に用意したいものと用途ごとのバッグの分け方を解説していきます。

陣痛室で使うものをバッグに詰めよう

バッグは、病室で使うものと陣痛室で使うものとで分けましょう。陣痛室で使うものは次の通りです。

(1)フェイスタオル
陣痛の際には多量の汗をかきます。冬でも必ず準備しておきましょう。

(2)テニスボール
お尻の付近に当てることで痛みを和らげられる場合があります。

(3)飲み物と軽食
陣痛中は汗をかくため、水分補給が必要です。また、体力を消耗するので、同時に糖分を補給できるスポーツドリンクがおすすめです。軽食に関してはそのときに何を食べられるかわからないため、比較的食べやすいお菓子を用意しておきましょう。

(4)スマートフォン
陣痛には波があるので、痛みが引いている時に親族に連絡するのに使いましょう。

病室に置いておくバッグに詰めるもの

出産後は数日間の入院が必要ですので、できるだけ自宅と同じ環境にするために生活必需品をバッグに詰めておきましょう。次のようなものを準備しておくことをおすすめします。

(1)歯ブラシ

(2)シャンプーやスキンケア用品
病院のシャワー室に備えられていることもありますが、自分に合ったものを準備しておくことをおすすめします。洗顔料だけではなく、化粧水や乳液なども用意しておきましょう。

(3)メイク用品
産後数日経過すれば、ある程度不自由なく行動できるようになります。親族や友人などが訪ねてきた時のために、メイク用品を準備しておきましょう。

(4)ティッシュペーパー
病室に備え付けられていますが、予備として持っていくことをおすすめします。また、ウェットティッシュもあると便利です。

(5)入院用パジャマ
授乳ができるよう前開きタイプのものを2~3着用意しましょう。

(6)母乳パッド
母乳が漏れるのを防ぐために使用します。

(7)生理用ショーツ
出産後は悪露で下着が汚れるため、生理用ショーツを履く必要があります。

できるだけ快適に過ごせるよう、準備万端で出産に臨みましょう。

<まとめ>
入院準備の際には、陣痛室と病室で使うものを分けてバッグに詰めましょう。そうすることで、出し入れが楽になります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加