入院準備

2016/08/23

入院準備をしよう!出産の際に着るパジャマの選び方

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

入院準備をしよう!出産の際に着るパジャマの選び方

いつ陣痛が来てもよいように、予め入院準備を整えておきましょう。その際に必ず用意すべきものは、パジャマです。普段着ているパジャマではなく、出産に適したものを選びましょう。ここでは、出産の際に着るパジャマの選び方を解説していきます。

マタニティパジャマの特徴

入院準備の際には、マタニティパジャマを用意しましょう。マタニティパジャマの特徴は次の通りです。

(1)前が開いている
お腹が大きいときに被るタイプのパジャマを着ると、お腹がつかえてしまいます。出産後はそのような心配はありませんが、スムーズに授乳するためにも前開きタイプのものを選びましょう。

(2)楽に着脱できる
マタニティパジャマは一般的なパジャマと比べてお腹や胸の周りがゆったりとしています。そのため、ほとんど寝ている入院生活でも楽に過ごせます。

(3)ウエストの調節ができる
パンツのゴムが調節できるものを選ぶことで、出産から退院までのお腹周りの変化に合わせてベストなサイズで着用できます。

(4)大きいポケットが付いている
ティッシュやフェイスタオル、財布などを持ち歩くのに便利な大きいポケットが付いているものもあります。

何着か用意しておくことがポイント

出産後は、悪露と呼ばれる血の塊のようなものが頻繁に出ます。生理用ナプキンを使用してもパジャマが汚れる場合があるので、パジャマは日々の着替えを含めて3~4着ほど用意しておくことをおすすめします。 また、パジャマにもワンピースやネグリジェのようなものもあります。来客があるときに備えて、オシャレなパジャマを1着用意しておくとよいでしょう。

季節の変わり目は気温の変化が激しいため、日中は薄いパジャマで十分でも夜になれば肌寒く感じることがあります。そのため、薄いものと厚いものの2着を用意しておくことをおすすめします。もしくは、カーディガンなど軽く羽織れるものがあるとよいでしょう。 また、授乳の際には前を開けるため、肌寒く感じることがあります。下着も前開きタイプのものを選ぶことをおすすめします。それでも冷える場合は腹巻を着用するとよいでしょう。

<まとめ>
普段着用しているパジャマを着てしまうと、授乳の際に不便かと思います。出産後は体力も回復しておらず、慣れない授乳などに手間取ると考えられるため、少しでも楽に過ごすことができるようにマタニティパジャマを選びましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加