話題・時事ネタ

2016/08/24

子育て中のお母さんに人気、「リフレッシュのためのブックタイム」

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

子育て中のお母さんに人気、「リフレッシュのためのブックタイム」

ゆっくり読書で、休息を

福岡県久留米市の男女平等推進センターでは、毎月2回、生後6ヶ月以上で保育所や幼稚園に入園前の乳幼児を育てている保護者を対象に、子どもを預かり、その間にゆっくりと図書室で過ごせる時間をつくってもらうというサービスを行っています。

「リフレッシュのためのブックタイム」というこの取り組み。日頃育児で疲れている保護者に、少しの間だけでも息抜きをしてもらい、読書を通して自分と向き合う時間をつくってほしいという同センターによって、2003年から始められています。

子どもを無料で2時間預けられる

このサービスは、毎回10名の定員にも関わらず、市外からの応募も多く、常に抽選で参加者を決めているほどの盛況ぶり。

子どもを預けるのは同センターが入る「えーるピア久留米」の3階一時保育室か4階共用会議室。10時から12時までの2時間、無料で預けられます。

子ども2人に対して保育士が1人つくのですが、同センターが入所している施設で、市に登録している保育士が子どもを見てくれるというのは、保護者にとって安心です。

図書室で自分の時間を

同施設1階にある図書情報ステーションでは、新聞、雑誌、小説などがそろっており、机が区分けされた読書スペースも備わっています。

子育ての慌ただしさを一時忘れ、静かな空間で活字に集中する。得られそうで得られない時間を、行政が設けてくれるというのは嬉しい試みです。

久留米市公式ホームページ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加