アレルギー

2016/09/04

親の金属アレルギーは子どもにも遺伝する?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

親の金属アレルギーは子どもにも遺伝する?

親である自分が苦しんでいるアレルギー。子どもにはなんとか遺伝せずにいてほしいと思うのが親心です。親が金属アレルギーだと、はたして子どもにも遺伝してしまうものなのでしょうか。

ママからの相談:「金属アレルギーの遺伝について」

母親の私が金属アレルギーで、ピアスやネックレスにかぶれます。娘にも金属アレルギーは遺伝するのでしょうか。たとえば、今の時点でヘアピンなどを多用していると金属アレルギーになりやすいということはありますか。子どもが金属アレルギーになりにくくなるコツやポイントを教えてください。(40代・女性)

アレルギーは遺伝するの?

年頃になると子どもはおそらくアクセサリーに興味を持ちはじめます。親に金属アレルギーがあると、子どもにも遺伝してしまうのでしょうか。

両親やどちらかがアレルギー体質の場合、子どもにもアレルギー体質が遺伝することはあります。ただし、遺伝しない場合もありますし、食べ物や花粉など、別のものにアレルギーを起こす場合もあります。 (産科婦人科医師)
親が金属アレルギーでも、子どもに遺伝する確率は低いといわれています。(内科看護師)

金属アレルギーについて

親のアレルギーは必ずしも子どもに受け継がれてしまうわけではないよう。では、アレルギーの発症を防ぐことはできるのでしょうか。そもそも金属アレルギーがなぜ起こるのかを含めて、専門家に伺いました。

金属アレルギーは、金属が溶け出して肌に付着したときに起こる反応です。アレルギー体質でなくても、ある程度の量の金属が付着するとかぶれてしまうことがあります。(内科看護師)
指輪やネックレスなど長期間着用していて、さらに汗をかくと、金属が溶け出してアレルギー症状が起こります。金属アレルギーは長期間に渡り金属が体内に入り込み体内の金属に対する許容範囲を超えた時に突然発症します。症状は赤みや痒みを伴い、皮膚のかぶれが悪化すると痛みの原因となります。(内科看護師)
金属アレルギーの原因はピアスが多いとされていますが、金属アレルギーでも18金や24金など不純物の少ない金属やプラチナなどを使用することは可能といわれています。金属アレルギーを起こさないためにもなるべく純金の物を使用する、アクセサリーを長期間着用しないといったことが予防に繋がるでしょう。(内科看護師)
アレルギーを起こしにくくするには、免疫力や体力をつけることや、ホコリやダニを除去して生活環境を整えることが大切です。金属アレルギーを起こしにくくするには、なるべくニッケルやクロムを含むチョコレートやナッツ類などを摂らないよう心がけましょう。(産科婦人科医師)

不純物を含む金属との接触をなるべく避けることで、ある程度は金属アレルギーを防ぐことができそうです。また、普段からアレルゲンの少ない環境と、免疫力を高めるための体力づくりをしておくのがよいようです 。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加