食物アレルギー

2016/09/10

5歳、もしかしてエビアレルギー?でも、食べたい!

この記事の監修/執筆

専門家監修記事(Q&Aコメント)

5歳、もしかしてエビアレルギー?でも、食べたい!

たとえ好物であっても、ある日突然アレルギーが出てしまうことがあります。子どもの好物に対してアレルギーが出てしまい、食べても平気か悩むママからの相談に、お医者さんと看護師さんはどのように答えているでしょうか。

ママからの相談:「エビアレルギーと思われる症状が出ましたが、すぐ病院に行ける状態なら食べて平気ですか」

ある日5歳の子どもと一緒にエビの殻を剥いていると、指がぱんぱんに腫れてきて、触っていたと思われる首や目の周りも赤く腫れて痒がりはじめました。もともとアレルギーがあるので、エビにアレルギーが出たと思って大急ぎで全身を洗い痒みを抑える薬を塗りました。その日は落ち着いたのですが、今後エビを食べてもいいのか悩んでいます。大好きなので、平日の午前中などすぐに病院にかかれる状況ならば食べてしまっています。(30代・女性)

まずは病院で検査を

アレルギーの原因を突き止めるために、病院で検査をした方がいいようです。アレルギーは命に関わることがあることも教えてくれました。

まずはアレルギーの検査をされるのがいいでしょう。質問を拝見した限りでは病院を受診していないようですし、本当にエビによるものか調べてあげることが大切だと考えます。病院にかかれる状況だからとエビを食べても、アレルギーの程度によっては呼吸ができなくなり、命を落とす危険性があります。エビだけなのか、同じ甲殻類である蟹もなのかは、血液検査などで調べられます。(皮膚科看護師)
今後成長するにつれて学校給食などでエビフライを摂取することもあるでしょう。アレルゲンの物質を食べてしまって救急搬送されて命を落とす最悪なケースにならないためにも、調べておくことを私はおすすめします。(皮膚科看護師)
すぐに病院にかかれる時間帯であればと思っても、アナフラキシーショックを起こし、病院へ着く前に重篤になる場合があります。アレルギーには時間が経過してから症状が現れるものもありますから、食べさせた時は少なくても一晩は様子をみてください。また、エビでアレルギーを起こしたら、蟹やイカ、タコなども注意しなければなりません。(消化器科医師)

食べられるかは、検査しないとわからない

今後エビを食べられるようになるかは、成長に伴って検査をしてみないとわからないようです。

子どものアレルギーは成長と共に改善される場合もありますが、逆に体質の変化で、今まで何ともなかったのにアレルギーを起こす場合もあります。エビのアレルゲンとなるトロポミオシンは生のエビに多く含まれているため、アレルギーを起こしたものは、しばらくは避けた方がいいでしょう。この先、一生食べられないかは、お子さんの成長をみて、その都度、検査をしないと分かりません。(消化器科医師)

アレルギーは、激しい症状が出ると命の危険もある恐ろしい病気です。本当にエビのアレルギーだったのか、病院での検査をご検討ください。今後食べられるようになるかは、成長を見ながら検査していかないと、現時点ではわからないようです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加