出産予定日

2016/08/31

出産予定日の計算方法を教えて!

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

出産予定日の計算方法を教えて!

妊娠がわかったら、気になるのは出産予定日ではないでしょうか。出産予定日にはさまざまな計算方法があります。速めに出産予定日を把握して、出産に備えましょう。今回は出産予定日の計算方法についてご紹介します。

出産予定日とは?

出産予定日はWHOの指針に基づいた定義があります。その定義では妊娠前、最後に来た生理の初日を0日目とし、そこから数えて280日目が出産予定日になります。よく、妊娠期間のことを十月十日といいますが、これは妊娠してから10カ月目の10日目という意味があります。妊娠してから10カ月目、つまり9カ月と10日ということになるため、30日×9カ月+10日でこちらも280日となります。

しかしこの出産予定日は生理周期を28日として計算しているため、すべての人が出産予定日に出産するわけではありません。出産予定日に生まれる赤ちゃんは、たった5%しかいないともいわれています。出産予定日はあくまでも予定ですので、1つの目安として捉えてください。

出産予定日の計算方法

最後に来た生理から280日後といわれても、すぐに月日を出すことは難しいでしょう。280日分数えなくても出産予定日を簡単に導き出すことができる計算方法があります。

①最終生理開始日の月から3を引く
②①ができない場合は9を足す
③最終生理開始日の日に7を足す

出産予定日がうるう年であり、3月以降であれば6を足します。この計算方法で導き出した答えがあり得ない数字になる場合は、翌月に繰り越してみてください。

そのほかの出産予定日の計算方法

自分の生理周期が28日ではなく、26日や30日などのようにある程度具体的な数字がわかっている場合は、先ほどご紹介した計算式を応用してもう少し正確な数字を導き出すことができます。先ほどの計算式で導き出した答えに28日と自分の生理周期の日数の差を足したり、引いたりしてください。例えば、30日の場合は計算式で出てきた答えに2を足すといった具合です。

また、排卵日から出産予定日を導き出す計算方法もあります。これは排卵検査薬などを使用し、正確な排卵日がわかっている場合に使うことができます。排卵日は妊娠2週と0日なので、排卵日に38週足すことで出産予定日を割り出すことができます。

出産予定日は性交日から求めることもできるといわれています。この方法は性交日から排卵日を割り出すものですが、精子の寿命を1週間と仮定した、大雑把な計算方法であるため、あまり使われることはありません。

現在では、最後の生理や性交日がいつだったかわからなくても、エコーで確認できる胎児の大きさから週数を割り出すこともできます。このように出産予定日を知るにはいろいろな方法があります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加