出産予定日

2016/08/31

出産時期をコントロールしたい!出産予定日の逆算方法

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

出産時期をコントロールしたい!出産予定日の逆算方法

排卵日から算出する出産予定日の計算方法を利用して出産予定日を逆算し、計画的な子作りをしている人もいます。しかし本当に出産予定日を逆算することで、出産日をコントロールすることはできるのでしょうか。今回は出産予定日の逆算方法について解説します。

出産予定日の計算方法

出産予定日にはWHOの指針に基づいた定義があります。それは妊娠前、最後に来た生理の開始日を0日とし、そこから数えて280日目を指すものです。病院ではエコー写真などから胎児のサイズを測り、妊娠の週数を決める場合がほとんどですが、生理日から計算する方法で出産予定日を求めることができます。

この計算は、以下の手順でもう少し簡単に求めることができます。

① 最後に来た生理の開始日の月から3を引く
② ①ができない場合は9を足す
③ 最後に来た生理の開始日の日に7を足す

出産予定日がうるう年であり、3月以降だった場合は6を足します。答えがあり得ない数字になる場合は、翌月に繰り越します。この計算式を利用し、最後に来た生理の開始日を入れるだけで、瞬時に出産予定日を割り出してくれるWebサイトなども出てきています。

また、最終生理開始日以外にも、排卵日から出産予定日を割り出す方法もあります。この場合、排卵日を妊娠2週と0日とし、ここに38週を足すという計算式で出産予定日を割り出します。

出産予定日を逆算すれば出産時期をコントロールできる?

出産予定日を逆算することで、いつ頃出産を迎えるのかがわかるため、計画的に子作りをしているという方もいるのではないでしょうか。この場合は排卵日をしっかり管理し、ここから逆算していく必要があります。

しかし、出産予定日の見極めは非常に難しく、出産予定日にずれが生じることも多々あります。理由としては以下のようなことが挙げられます。

(1)生理周期が28日でない場合
ここで紹介した出産予定日を導き出す計算式は生理周期が28日であることを前提としているため、これよりも日数が多かったり少ない場合は出産予定日にずれが生じます。

(2)ストレス
女性のホルモンバランスはとても敏感で、少しストレスが加わるだけで出産予定日にもずれが生じる可能性があるといわれています。

(3)体重増加
体重が適正体重ではない場合は早産のリスクが高まります。また、場合によっては出産予定日よりも大幅に遅れて生まれることもあります。

(4)高齢出産
高齢での出産は、さまざまなリスクが高まるといわれています。出産予定日にずれが生じることも十分に考えられます。

先ほどご紹介したような理由から、出産予定日を設定していてもその当日に生まれてくる赤ちゃんは非常に少なく、全体の約5%といわれています。出産予定日はあくまでも予定であるため、ずれが生じることは念頭に置いておきましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加