出産予定日

2016/08/31

簡単便利な出産予定日カレンダーを活用しよう!

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

簡単便利な出産予定日カレンダーを活用しよう!

妊娠中はそれまでと比べ、身体がどんどん変化していくため不安になる方も多いのではないでしょうか。そんな時、参考になるものとして出産予定日カレンダーというツールがあります。今回は、出産に関することを把握できる出産予定日カレンダーについてご紹介します。

出産予定日カレンダーとは?

出産予定日は妊娠前に最後に来た生理の開始日を0日とし、そこから数えて280日後といわれています。実際には病院の定期健診でエコー写真から胎児のサイズを測り、妊娠週数を決める方法が一般的です。

出産予定日がわかったら、出産予定日カレンダーを使ってみてください。出産予定日カレンダーとは、該当する妊娠週数で身体に何が起こっているのかや、手続きしておいたほうが良いことを知らせてくれる、アプリやWebサイト上のサービスです。

出産予定日カレンダーでできること

出産予定日カレンダーは提供元によって機能が異なるものの、主に以下のようなコンテンツを利用することができます。

(1)妊娠週数の把握
出産予定日カレンダーの多くは、出産予定日や最終生理日を入力することで現在の妊娠週数を算出してくれます。

(2)妊娠中の体調管理
妊娠中に気をつけたいことの一つとして、体重の管理が挙げられます。体重など体調を管理できる機能がついています。また、お腹の中の赤ちゃんの様子や身体に現れる変化を教えてくれるものもあります。

(3)産休取得期間や申請時期の管理
忙しいと忘れてしまいがちな産休の取得期間や、各種申請時期のタイミングを知らせてくれます。

(4)基礎体温のグラフ管理
出産予定日カレンダーは妊娠前から使えるものも多々あります。計画的な妊娠には欠かせない基礎体温を登録することで、グラフで管理してくれるものがあります。

(5)生理予定日や生理周期の把握
生理日を登録することにより、生理周期や生理予定日を知らせてくれます。

(6)排卵日予測
生理日を登録し、生理周期を算出することで排卵日の予測もできるようになります。

出産予定日はあくまでも予定日

ある調査によると、出産予定日当日に生まれてくる赤ちゃんは全体の約5%だといいます。出産予定日は生理周期やホルモンバランスの変化など、さまざまな理由によりずれが生じることがあるため、出産予定日はあくまでも1つの目安として捉えておいたほうが良いでしょう。妊娠37週から41週6日までに赤ちゃんが生まれてくれば正期産とみなされます。出産予定日を過ぎたとしてもあまりナーバスにはならず、赤ちゃんが生まれてくるのを穏やかな気持ちで待ちましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加