出産予定日

2016/08/31

出産予定日は変更されることがある?気になるその理由とは

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

出産予定日は変更されることがある?気になるその理由とは

定期検診を重ねていくことによって、はじめに言われていた出産予定日から変更される場合があります。出産予定日が変更されるのはどうしてなのでしょうか。今回は、出産予定日が変更される理由についてご紹介します。

出産予定日を導き出す計算方法

出産予定日はWHOの指針に基づいた定義があり、妊娠前、最後に来た生理の初日を0日目とし、そこから数えて280日目が出産予定日になります。しかし、生理開始日から280日目といわれてもぱっと出産予定日を求められる人は少ないでしょう。これを可能にしたものがネーゲレ概算法です。

【ネーゲレ概算法による出産予定日の算出方法】
①最終生理開始日の月に9を足す
②最終生理開始日の日に7を足す

ネーゲレ概算法による出産予定日はひと月当たりの日数に28から31日のばらつきがあることを無視した計算方法であるため、最終生理開始日からぴったり280日を算出できない場合がありますが、簡単に計算できる方法として重宝されています。

また、排卵検査薬などを使用し、正確な排卵日がわかっている場合は排卵日を妊娠2週と0日数え、排卵日から出産予定日を割り出す方法があります。さらに、出産予定日は性交日から求めることもできるといわれています。

胎児のサイズを確認した結果、出産予定日が変更される場合がある

最終生理開始日や排卵日などから計算し、導き出すことができる出産予定日ですが、この方法によって求めた出産予定日はお腹の中にいる胎児の大きさが確認された時点で変更されることもあります。

これは生理周期に個人差があることに加え、最終生理日を覚えていなかったり、生理だと思っていた出血がそれ以外の理由によって起きていた場合が考えられるためです。

妊娠約8週から11週までの赤ちゃんは、成長の個人差がほとんどないといわれています。この時期にエコー検査で確認できる胎児の頭からお尻までの長さや、胎児を包んでいる胎嚢(たいのう)と呼ばれる袋の長さから妊娠週数を割り出し、はじめに設定した出産予定日と差がある場合は変更されます。

出産予定日はあくまでも予定日でしかない

ある調査によると、自然分娩のうち、出産予定日当日に生まれる赤ちゃんは全体のたった5%しかいないといわれています。初産の場合は出産予定日より遅れて出産する場合が多く、逆に経産婦の場合は予定日より早まる傾向にあるというデータもあります。出産予定日はあくまでも予定なので、1つの目安として捉えるようにしましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加