イベント・セミナー

2016/08/29

小児がんと闘うこどもたちへ 医療者のサポート付きの特別企画「すまいるスマイルプロジェクトinキッザニア東京2016」

この記事の監修/執筆

ニュース編集部

小児がんと闘うこどもたちへ 医療者のサポート付きの特別企画「すまいるスマイルプロジェクトinキッザニア東京2016」

人気のキッザニアが舞台

認定NPO法人ジャパンハートは23日、主催する「すまいるスマイルプロジェクト」の特別企画として、小児がんと闘う親子を「キッザニア東京」に招待する【第5回すまいるスマイルプロジェクトinキッザニア東京2016】の開催を発表しました。

「キッザニア」は、楽しみながら社会のしくみを学ぶことができると大人気の施設。本格的な設備や道具を使い、すし職人やピザ職人、バスガイド、消防士、マンガ家に警察官といった、90種類以上もの仕事やサービスを体験できます。

医師やスタッフが待機しサポート

10月18日(火)に行われる特別招待企画は、小児がんを治療中もしくは治療後1年以内の3~15歳のこどもを対象に行われます。参加には保護者もしくは成人の同伴が必要となり、合計7組が招待されます。

イベント中は医師・看護師が待機するほか、こっそりとボランティアスタッフが同伴。必要に応じて出発先から付き添い、移動のサポートを行うため、外出に不安があるこどもでも安心できる環境です。

ジャパンハートは「抗がん剤治療による副作用、定期的な検査、日常生活の制限で身体的、精神的に過酷な毎日を送っているこどもたちがキッザニアでの体験を楽しむことで、自分たちの将来を垣間見る素敵な時間にしてほしい」としています。

外部リンク

認定NPO法人ジャパンハート プレスリリース


  • このエントリーをはてなブックマークに追加