妊娠後期のお腹の張り

2016/08/29

これって正常?妊娠後期のお腹の張りと激しい胎動

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

これって正常?妊娠後期のお腹の張りと激しい胎動

もうすぐで赤ちゃんに会えるとワクワクする妊娠後期。しかし、胎動が激しすぎたりお腹の張りがあったりすると「赤ちゃんは大丈夫?」と心配になるのではないでしょうか。今回は、妊娠後期のお腹の張りや胎動がどのくらいなら正常なのかを解説します。

妊娠後期とはどんな時期?

妊娠後期とは妊娠8カ月から10カ月のことを言います。この時期は、おなかが大きく重くなり、胎児の動きも最も活発になります。これらはお腹の中で赤ちゃんが成長している証拠なので嬉しいことなのですが、お腹の張りや激しすぎる胎動に驚き、心配になるお母さんが多いのではないでしょうか。

妊娠後期のお腹の張りは正常?

妊娠中のお腹の張りは、その時期ごとに症状が変化します。妊娠してすぐの頃は、子宮が成長していくにつれて下腹部に張りが出ることが多いのですが、次第におへその辺りへと張る位置が変わっていき、妊娠後期にお腹が大きくなるとそれを支えるために再び下腹部が張るようになります。このお腹の張りは、お腹が大きくなる際の反作用で子宮の筋肉が収縮しようとすることによって起こります。

一般的に妊娠後期は、子宮が大きくなっているためお腹が張りやすい時期なので、少しくらいのお腹の張りですぐに治まるのなら心配はいりません。ただし、
□張りとともに激しく痛む
□張りが何日も続く
□張りとともに出血がある
□出産までまだ期間があるのに、1時間のうちに張りが何度も起こる
□張りがどんどん強くなる
□発熱を伴う
などの症状がある場合は、胎盤剥離や早産、流産などの危険性があるため、すぐに産婦人科を受診しましょう。

妊娠後期の激しすぎる胎動は正常?

胎動とは、お腹の中で赤ちゃんが動いて子宮の壁に当たることを言います。妊娠6カ月ごろから始まる胎動も、妊娠後期になると非常に活発になります。中には、胎動が激しすぎて骨や内臓が痛くなるという人もいます。

あまりに激しい胎動があると、「赤ちゃんが苦しがっている?」「胎動によって破水してしまわない?」と心配になりますが、激しい胎動は赤ちゃんが元気に成長している証拠なので安心してください。逆に、胎動が少ない方が赤ちゃんが苦しがっているサインなので注意が必要です。また、どんなに激しい胎動でも、それが原因で破水してしまうことはありません。

では、激しすぎる胎動のせいで痛みがある場合はどのように対処すると良いでしょうか。どうしても痛みがひどいときは、以下の方法を試してみてください。
□お腹を軽くゆすって赤ちゃんから攻撃される場所をずらす
□抱き枕を使用して寝る
ただし、お腹をゆすりすぎることはお腹の張りにつながるので、やりすぎには注意してください。

いかがでしたでしょうか。妊娠後期のお腹の張りや激しい胎動は、基本的には心配はいりません。しかし、先ほども述べたように、お腹の張りがひどい痛みを伴ったりなかなか治まらなかったりする場合には早めに産婦人科に行くことをおすすめします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加