妊娠後期のお腹の張り

2016/08/29

もしかして便秘?妊娠後期のお腹の張りの原因と見分け方

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

もしかして便秘?妊娠後期のお腹の張りの原因と見分け方

「もうすぐで赤ちゃんに会える」と楽しみになる妊娠後期。そんな妊娠後期にお腹の張りがあると、ただの便秘なのか赤ちゃんに危険があるのか心配ですよね。今回は、妊娠後期の便秘によるお腹の張りとそれ以外の張りについて解説します。

妊娠後期とはどんな時期?

そもそも、妊娠後期とはどのような時期なのでしょうか。妊娠後期は妊娠8カ月から10カ月のことで、この時期の赤ちゃんは臓器のはたらきが充実したり、聴覚が発達したりといった成長をしています。このときのお母さんの体には、
□胃がむかむかする
□頻尿になる
□むくみが出る
□お腹が重く寝苦しい
という症状が見られます。

なぜ妊娠中にお腹が張るのか

妊娠中にお腹が張る原因は子宮が収縮するためです。長時間同じ姿勢でいたり、疲れたりストレスが溜まったりしたときには子宮が収縮してお腹が張りやすくなります。お腹の張りはすぐに治まるなら心配はいりませんが、長く続いたり、頻繁に起こったり、また激しい痛みを伴ったりする場合には流産や早産の危険も考えられます。

では「お腹が張る」とはどのような状態なのでしょうか。子宮が収縮することでお腹が張る場合は、
□急にぎゅーっと固くなりはじめる
□お腹の筋肉がカチカチに固くなる
□子宮を絞られるような痛みがある
という症状が見られます。

このような子宮の収縮によるお腹の張りがあるときは、座ったり横になったりして体を休ませるようにして張りを解消させるようにしてください。また、何度も張りが出るときや張りが治まらないときは産婦人科を受診しましょう。

妊娠後期のお腹の張りは便秘のせいかも?

妊娠後期、子宮の収縮によるお腹の張りと間違いやすいものに便秘があります。元々便通が良かった人でも妊娠すると便秘になることが多いです。では、なぜ妊娠後期は便秘になりやすいのでしょうか。それには、次の理由があります。
□大きくなった子宮が腸を圧迫することにより便が詰まりやすくなる
□お腹が大きくなったことによる運動不足
□疲れやストレスによる自律神経の乱れ

では、妊娠後期のお腹の張りが便秘によるものだと見分けるにはどうしたら良いでしょうか。以下が便秘によるお腹の張りの特徴です。
□腸内にガスや便が溜まり、お腹がパンパンに膨れる
□便意による痛みがある
お腹の張りがある際にこのような症状があり、また、しばらく便が出ていないという場合は便秘の可能性が高くなります。

便秘が原因でお腹が張っているときは、しばらく横になって体を休めたりしても張りは解消されません。このときは、根本的な原因である便秘を解消する必要があります。便秘の改善のためには、
□バランスの良い食事をとる
□ウォーキングなど適度な運動をする
□朝起きたらすぐに水を飲む
□しっかり睡眠をとる
などが効果的です。

いかがでしたでしょうか。妊娠後期のお腹の張りは、子宮の収縮によるものだけでなく便秘の可能性もあります。お腹の張り方はその原因によって異なり、子宮収縮の場合はお腹がカチカチになり、便秘ならお腹がパンパンに張ります。お腹が張ったら、その張り方から原因を見極めて対処するようにしてみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加