妊娠後期のお腹の張り

2016/08/29

妊娠後期にお腹の張りが頻繁に起こる、その原因は?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

妊娠後期にお腹の張りが頻繁に起こる、その原因は?

妊娠後期に入ってお腹の張りを頻繁に感じる妊婦さんは多いようです。ほとんどの妊婦さんがお腹の張りを経験すると思いますが、頻繁に起こると気になってしまいますよね。腹の張りが起こる原因と対処法についてご紹介します。

妊娠後期に起こるお腹の張りとはどのような感じ?

お腹の張りは、お腹が大きく出てくる妊娠中期以降によく感じられ、必要以上に気にする必要は無いことがほとんどです。お腹が張るという感覚は人によって異なっており、少しわかりづらいですが、お腹が硬くなり、スイカや石のように感じると例える人もいます。

妊娠後期に頻繁に起こるお腹の張りの原因とは?

妊娠初期からお腹の張りを感じる人もいますが、妊娠中期になると感じやすくなり、妊娠後期になるとより頻繁にお腹の張りを感じやすくなります。

お腹の張りの原因は、子宮収縮が起きることです。子宮は筋肉からできており、母体がストレスを感じたり、何か刺激を受けて緊張すると、子宮も同時に収縮し硬くなります。そのことでお腹が張っていると感じます。

妊娠後期になると子宮収縮はさらに頻繁に起こるので、それに連動してお腹の張りも起こりやすくなります。
妊娠37週目を過ぎると、さらにお腹の張りが起こりやすくなります。痛みが続くと出産まで近いサインになります。
また、妊娠中期から感じられる胎動も妊娠後期になるとさらに激しくなり、胎動が原因でお腹の張りを感じることも多くなります。激しい胎動によってお腹が張ったり、子宮収縮の際に胎児が動いて胎動を感じることもあります。

妊娠後期のお腹の張りに対する対処法って?

妊娠後期はもちろん、妊娠中にお腹の張りを感じた場合の一番の対処法は、安静にすることです。お腹の張りを感じたら横になったり椅子に腰かけて、しばらくの間安静に過ごしましょう。時間の経過とともにお腹の張りが治まるでしょう。

また、長時間同じ姿勢を取らないように心掛けたり、なるべくストレスを溜めないように心掛けたり、体を冷やさないように気を付けることは、お腹の張りの予防になります。

お腹の張りと便秘を勘違いする場合もあるので、普段便秘がちな人は便秘の改善に努めることも大切です。

お腹の張りはほとんどの場合は心配することはありませんが、時として危険な場合もあります。もし30分~1時間が経過してもお腹の張りが治らない場合や、1時間に5回以上お腹の張りを感じる場合、規則的な間隔でお腹が張る場合は少し注意が必要です。流産や早産の危険があるため、病院を受診して下さい。

妊娠後期になるとより頻繁にお腹の張りを感じるようになると言います。お腹の張りは、子宮収縮が原因です。ストレスを感じたり身体を冷やすことが良くないので気を付けて過ごす必要があります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加