妊娠後期の食事

2016/08/29

妊娠後期の体重増加を防げる食事のメニューとは?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

妊娠後期の体重増加を防げる食事のメニューとは?

妊娠後期は、悪阻が終わり胃の圧迫から解放されて、気付かぬうちに食べ過ぎで体重が増加してしまいがちです。体重が増加しすぎると、難産になる恐れや妊娠高血圧症候群などのトラブルになりかねません。今回は、食事の際に気をつけたいことと、体重増加を防ぐメニュー例をご紹介します。

妊娠後期の注意点は体重の増加に気を付けること

妊娠後期は、栄養補給とお産に向けた体力作りをすべき時です。妊娠後期はお腹がさらに大きくなっていきますから、どうしても動きにくくなりエネルギー消費量が減ってしまいます。今までと同じ食事量を摂り続けると、簡単に体重が増加してしまいます。

臨月に入ると胎児が骨盤内に降りていきますから、自然と胃の圧迫が解消されます。すると、ついつい食事を多く摂りすぎ、体重増加につながってしまいます。

なお「赤ちゃんのためにも2人分食べよう」「体重は産後に落とせばいい」というのは避けたほうが良いでしょう。産道が脂肪で狭くなって難産になったり、妊娠高血圧症候群などのトラブルに陥る可能性もあります。食事量はしっかりと調整していきましょう。

妊娠後期に毎日の食事を摂る際のポイント

妊娠後期の食事は、ご飯、パン、麺の主食を中心として肉、魚、卵、大豆を組み合わせた主菜、野菜や芋、海藻類などを組み合わせた副菜をバランス良く食べる必要があります。食事のポイントは以下の4点です。

◇塩分を摂りすぎない(妊娠高血圧症候群予防)
◇鉄分を摂る(貧血予防)
◇カルシウム補給(骨粗鬆症予防)
◇食物繊維を摂る(便秘予防)

妊娠後期の1日に取ると良い食事のメニュー例

では、具体的なメニュー例をご紹介します。まずは朝食です。妊娠前は朝食をあまり摂らなかったという方もいるかもしれません。しかし、1日の活力は朝から始まります。野菜主体の朝食にして元気に1日を始めましょう。

◇ご飯
◇春キャベツと鶏肉のおかか和え(食物繊維たっぷり)
◇豚肉と白菜のみぞれ和え(塩分排出の役割があるカリウムが豊富)
◇もやしのカルボナーラ(カリウム豊富)

次に昼食です。良質なたんぱく質とカルシウムを含む鶏のささ身をメインにしています。カルシウムは胎児にどんどん吸い取られて不足しがちです。将来の骨粗しょう症予防にも、ぜひカルシウムを摂りましょう。

◇ささ身チーズカツ
◇高野炒め(鉄分豊富な高野豆腐を使用)
◇十穀ご飯
◇ブロッコリーのツナ和え

最後に夕食です。低カロリーなのに食べ応え十分なメニューをご紹介します。

◇豆腐ステーキ
◇トマトゼリーサラダ
◇ごはん

ヘルシーで栄養がバランス良く含まれているものばかりですね。バランスの良いヘルシーな食生活を心がけて、マタニティライフを送ってください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加