妊娠後期とダウン症

2016/08/29

ブログも参考に。妊娠後期のダウン症の診断について

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

ブログも参考に。妊娠後期のダウン症の診断について

出産まであとわずかの妊娠後期ですが、生まれてくる赤ちゃんがダウン症の可能性があると診断されるケースもあります。そのような診断を受けた場合、同じ経験をし出産した人のブログも参考になります。ダウン症の診断についてご紹介したいと思います。

ダウン症とはどのような病気なのか?

ダウン症とは、染色体に異常がある病気のことです。ダウン症の場合、染色体が全部で47本あり、生まれつき染色体が1本多いのが特徴です。

ダウン症の人は、例えば目の間が広かったり、斜視であるといった見た目にも分かるような顔立ちをしています。見えない部分においても、心臓や呼吸器、消化管などに疾患を持っている場合があり、平均寿命も短いといわれています。

妊娠後期に赤ちゃんがダウン症だと分かり、ブログで成長過程を綴っている人も多くいます。

妊娠後期の診断でどのようにダウン症と判断するのか?

妊娠後期になると、検診で行われるエコーで赤ちゃんの姿がある程度確認できるようになります。赤ちゃんの形が分かり様子も見られて嬉しい反面、生まれてくる赤ちゃんがダウン症なのかどうかの診断もある程度できると言われます。

生まれてくる赤ちゃんにダウン症の可能性がある場合、エコーにおいて身体的な特徴がいくつか現れます。

まず、ダウン症の可能性がある場合、四肢短縮症で手足の長さが短いことが多いようです。その他には、体が小さい、鼻の高さが低い、心臓に異常があるといった特徴もあります。

通常検診のエコーでダウン症の心配があると判断された場合、より確実な検査を望む人もいます。より確実性が高い検査の方法としては、羊水検査や絨毛検査、母体血清マーカーテストがあります。

さらに、妊娠11~13週頃にエコー検査で胎児の後頸部(首の後ろ)の皮下の液体貯留像の長さを測定する検査。3mm以上の幅があるとダウン症などの染色体異常や胎児異常の確率が増えるとされています。

妊娠15~18週に行うことができるとされる羊水検査は、結果は100%ではありませんが、99%以上の確率で赤ちゃんがダウン症かどうかを判別できるとされています。検査の方法は羊水を採って診断するというもので、羊水検査を行うと流産を招く危険性があると言われるので、検査するかどうかは十分考えたうえで行う必要があります。

また、出産年齢が高いほど、赤ちゃんがダウン症になる可能性が高くなるとも言われます。

実際にダウン症の赤ちゃんを出産した人のブログも色々あり、どのような診断をされたのか紹介していることも多いので、一度見てみると良いでしょう。

ダウン症の可能性があると診断されたら

妊娠後期の検査で生まれてくる赤ちゃんにダウン症の可能性があると診断された場合、戸惑う人も多いと思います。中には育てていくのが不安だと感じる人もいるでしょう。

戸惑いや不安もあるでしょうが、ダウン症の可能性があると診断されても出産し、子どもを育てている人はたくさんいます。

ダウン症の赤ちゃんを出産した人のブログでは、育児についても色々紹介されていますし、参考になる情報が身近にたくさんあります。ブログなどの情報を参考にしながら出産に向けて前向きに進んでいってほしいと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加