産後ダイエット

2016/08/31

産後にゆるんだお腹を戻す方法

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

産後にゆるんだお腹を戻す方法

妊娠によって大きくなったお腹、産後そのままにしておくと皮下脂肪などがたまり、たるみやすくなるといわれています。では、たるみを解消し妊娠前の身体に戻すためにはどうすればよいのでしょうか。今回は産後にゆるんだお腹を元に戻すための対処法について、ご紹介します。

産後のお腹のたるみが気になる…

無事に出産を終えた後、お腹周りが気になるのではないでしょうか。40週にわたって赤ちゃんをしっかり守ってきたお腹は、その役目を終えた後そのままにしておくと、たるんでしまいます。産後の身体が妊娠前の状態に戻るまでは約8週間かかるといわれており、この期間を産褥期(さんじょくき)といいます。

産褥期は大きくなっていた子宮が収縮していく時期でもあり、すっきりとしたお腹を手に入れるためにはこの時期に見られる身体の変化に合わせた対策を行うことが大切です。

まずは産褥体操と骨盤ベルトから

産後すぐに激しい運動をするのはおすすめできませんが、体調に問題がないようであれば産褥体操に少しずつ取り組んでいきましょう、産褥体操を行うことで血行を促進し、身体の回復を助けてくれるだけでなく、産後に頻発するといわれている尿失禁や便秘の予防効果も期待できます。

また、出産時に大きく開いた骨盤は歪むことによって痩せにくい体になってしまいます。体調が落ち着いて来たら骨盤ベルトを使い始め、開いた骨盤を矯正していきましょう。

お腹のたるみを解消する簡単ストレッチ

産後1カ月を過ぎたあたりから、産褥体操と合わせ、簡単なストレッチを取り入れていきましょう。まずは骨盤矯正効果が期待できるストレッチをご紹介します。

①両足を肩幅と同じくらいに開き、手は腰に当てます
②まっすぐ前を向き、上半身は固定させたまま、腰を左右10回ずつ倒します
③前後に腰を10回ずつ揺らします。
④腰を右回りに10回回し、左回りも同じように回します。

骨盤矯正のストレッチが無理なくできるようであれば、腹筋を鍛えるストレッチも行うとより効果的です。

①仰向けに寝て、ひざは軽く曲げて立てます。
②首をゆっくりと持ち上げ、おへそに向かって上体を起こし、5秒間キープします。
③ゆっくり体を元に戻します。
④5回繰り返します。

産後の身体は妊娠前と比べると体力が衰えており、回復するためには時間が必要です。少しでもつらい場合は無理して運動を続けるようなことはせずに、できるところからはじめましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加