産後ダイエット

2016/08/31

産後ダイエットはいつからはじめるのがよい?効率よく痩せるコツとは?

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

産後ダイエットはいつからはじめるのがよい?効率よく痩せるコツとは?

産後、気になるのが妊娠前に比べ増えた体重です。出産直後の身体は非常にデリケートなため、本格的なダイエットは少し時間を空けてからのほうが好ましいといわれています。では、いつから始めれば良いのでしょうか。今回は産後ダイエットを始める時期についてご説明します。

産後ダイエットはいつから始めればいいの?

産後の身体は全体的に脂肪がついており、特にお腹周りは皮下脂肪によってたるみます。さらに骨盤が広がり、目の疲れや抜け毛、便秘、痔などの症状がみられ、中には産後うつ病に悩む人もいます。このように、産後の身体はとても繊細で不安定です。産後ダイエットはこれらの症状が少し落ち着いた、産後2カ月後から少しずつ行っていきましょう。

産後ダイエットが産後半年までに始めたほうが良いといわれる理由

産後ダイエットは、遅くても半年後には始めたほうが高い効果を得られるといわれています。このようにいわれるのは、以下のような理由が挙げられます。

(1)ホルモンバランスの変化
妊娠中は赤ちゃんをしっかり成長させるためにホルモンが身体に働きかけ、身体中に脂肪がつきやすい状態になっています。出産を終えると、産後約半年の間にホルモンバランスが変化し、今度は妊娠中に溜めていた脂肪が落ちやすくなるよう、変化していきます。そのため、脂肪が落ちやすい時期に一気に皮下脂肪を落とし、体型を妊娠前の状態に戻そうとする人が多いようです。

(2)骨盤の形の変化
出産に向け、赤ちゃんが産道をスムーズに通れるように、骨盤は大きく開きます。産後、開いた骨盤はゆっくり時間をかけてもとの位置に戻ろうとしますが、一度開ききった骨盤は、矯正しない限り妊娠前の形に戻ることは、ほぼありません。骨盤が歪むと基礎代謝が下がったり、骨盤周りに皮下脂肪が溜まりやすくなって太りやすい身体になってしまいます。そのため、産後ダイエットには骨盤矯正が欠かせないといわれています。

母乳をあげるだけで約800kcal消費している

特別なダイエットをしなくても、「普通に育児をこなしていたら体重が減っていた!」という方もいます。特に意識的にダイエットを行ったわけではないのに、体重が妊娠前の状態に戻った方は母乳で赤ちゃんを育てている確率が非常に高いです。

母乳育児をしている場合、1日に約800kcal以上のエネルギーを消費しているといいます。このエネルギー量は1時間以上ジョギングを続けた場合の消費カロリーに値します。赤ちゃんが吸えば出てくる母乳ですが、母乳を出すためにホルモンの分泌や筋肉の収縮など、さまざまな運動が重なり合っているため、非常に高いエネルギーを消費しているのです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加