産後ダイエット

2016/08/31

産後思うように痩せない場合に考えられる3つの原因

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

産後思うように痩せない場合に考えられる3つの原因

産後、もっと簡単に体重を落とせると思っていたのに思うように痩せない…。産後なかなか体重が減らないときは、3つの要因が考えられます。今回は、産後思うように痩せないときに考えられる3つの原因についてご紹介します。

産後痩せない原因①骨盤の歪み

骨盤は出産時に、赤ちゃんがスムーズに産道を通れるよう、外側に開いて産道を広げます。これによって開いた骨盤は産後、約3カ月という時間をかけ、ゆっくり戻っていきます。しかし、一度開いた骨盤は、妊娠前の状態に戻ることはなく、何もしないでそのまま放置していると骨盤が歪んだり、緩まったままの状態になってしまったりします。

骨盤が歪んでいると骨盤周りに余分な皮下脂肪が溜まりやすくなるだけでなく、内臓が下がりやすくなり、基礎代謝を下げてしまう原因になります。産後すぐにはじめられる骨盤矯正として、骨盤ベルトを利用するという方法があります。着用するだけで骨盤矯正ができるという優れものなので、活用してみると良いでしょう。

産後痩せない原因②食生活の乱れ

生まれたての赤ちゃんは生活リズムが不規則です。産後は赤ちゃんに合わせた生活になることで、家事をする暇もなければゆっくり食事を摂る時間を確保することが難しくなります。これにより食生活が乱れた状態が続くと、痩せにくい身体を作る原因になってしまいます。

また、母乳育児の場合、1日に約800kcalのエネルギーを消費するため、食欲が増す場合が多く、ついつい食べすぎてしまいます。この習慣が身についてしまうと卒乳後も食べる量が減らず、痩せないどころか太ってしまうリスクが高まるため、十分に注意しましょう。

産後痩せない原因③運動不足

生後1カ月に満たない赤ちゃんは免疫がほとんどないため、外に連れ出すことは控えるようにいわれています。それに加え育児の忙しさから1日のほとんどを家の中で過ごすようになるため、身体を動かす機会がなく産後は運動不足に陥りがちです。

出産直後の身体は体力が落ちているほか、出産に向けて変化していた身体が元に戻ろうとするため、急激な運動は身体に大きな負担を与えてしまう可能性があります。まずは産褥体操(さんじょくたいそう)など、簡単な動きからはじめ、生後2カ月を迎え外に出かけられるようになったら、赤ちゃんと一緒に散歩に出かけるなどして積極的に身体を動かすよう努めましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加