産後ダイエット

2016/08/31

出産前から対策を!産後に体型を元に戻す方法

この記事の監修/執筆

専門家監修記事

出産前から対策を!産後に体型を元に戻す方法

お腹は妊娠の進行と共に大きくなっていきます。出産後は赤ちゃんがいた分、お腹がたるんでしまいます。妊娠前の体型に戻すためには、出産前から対策をしておく必要があります。今回は、産後の体型を元に戻す方法について解説していきます。

産褥体操から始めよう

身体が妊娠前の状態に戻るまでの期間のことを「産褥期(さんじょくき)」と呼びます。身体が元の状態に戻るまでには6~8週間かかると言われており、少しずつ起こる身体の変化に合わせて適切な対策を行うことがポイントです。 産後にすぐ本格的なエクササイズを行うことはできません。しかし、身体に不調がみられなければ産褥体操という軽いエクササイズを行ってみましょう。産褥体操には次のような効果が期待できます。

(1)お腹の壁や骨盤底筋の回復を促す
(2)尿失禁の予防
(3)便秘の予防
(4)腰痛の予防

産褥体操のような軽いエクササイズでも、身体に無理のない範囲で行うことが大切です。

産後1カ月を経過した頃から、赤ちゃんを抱っこしたままでもできるエクササイズや、部分的なストレッチを行うことができます。身体の状態を見ながら、できる範囲で行いお腹を引き締めましょう。

骨盤ベルトで体型の変化をサポート

出産後は骨盤が大きく開いています。少しずつ元の状態に戻っていくのですが、それをサポートするのが骨盤ベルトです。最初はウエスト周りを締め付けない、骨盤を支えるタイプのものを身に付けましょう。産後1カ月も経過すれば、ウエストラインを整えるガードルやウエストニッパーを着用できます。

出産前から対策をしよう

妊娠中はバストの大きさが変化します。産後も授乳をする度に大きくなったり、授乳後に小さくなるなど頻繁に大きさが変化します。これらの影響によりバストが垂れ下がる場合があるので、お腹のたるみと一緒に対策をたてることをおすすめします。妊娠3カ月、6カ月、9カ月の頻度でブラジャーを採寸し直してください。更に、出産後も3カ月、6カ月、9ヵ月の頻度で採寸し直すことでバストが垂れるのを防げるでしょう。

まとめ

出産後は慣れない育児に追われるため、自分の体型を気にすることができない方もいるかもしれません。骨盤ベルトの着用や産褥体操など、身体の状態に合わせて行える対策ばかりですので、焦らず自分のペースで体型を戻してください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加